60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雨、すごすぎ。

どうも。

昨日のヤツを先ほど読み返したのですが、すげぇな。
とっ散らかりすぎ。言いたいことはわからなくもないが。…ってな感じ。

それもこれも、大体が日記を書くときに既に酔っている状態だから。という、うっとうしい言い訳。

今日も今日とて、プレミアム。
もう一枚葉書を送ってやるのだ。おお。

   ×     ×     ×

今日の雨は、まいった。
外務な俺ってば、ヒトサマの家の戸口でチャイムを鳴らして、出てくるまで待っているわけなんですが。
その秒数が10秒を超えると、んもう、服着たままシャワーでも浴びてきたんですか??って状態。

つうか、そんなに待たせないでくれ。

風邪ひいてたら、どないしよ。
…いや、いまんところ、平気だけど。

明日が休みなのが、救い。

   ×     ×     ×

昨日の続き。
かなり端折るぜ。

翌日曜。

夜に、職場の組合の飲み会。
会費1000円なので、当然参加。
間違いなく元は取った。
…のだけど、実は飲み会開催前、組合長に誘われて、フライング@立ち飲み屋。
この人のせいで…いや、おかげで、町田の立ち飲み屋文化の奥深さを知る。
お気に入りなのが、全品300円(ビールも300円)の、前払い制の立ち飲み屋。
先にお金を払っておいて、注文。
プールしているお金がなくなると、教えてくれる。
かなり明瞭会計なのだ。
刺身も焼き鳥も300円で、お一人様サイズ。
最高なのです。

その店で2,3杯ビールを引っ掛けてから、組合飲み会へ。
…なので実は結構、お金を塚茶って閉まっているんだけど、んまあ、組合の呑み会費が100円ってのは、嬉しい限り。

面白キャラを二人発見したのが、収穫。
二人っていうか、一人と一組。

一人は、配達の女の子。
俺ってば、配達に女の子がいることをちょっとだけ不思議に思っていた。
んだけど、この子、かなり変わってる。
少し話しただけなんだけど、ちょっと面白かった。
こういう価値観を持ってる人が、男ばっかりの職場にいるのね…って思うと、ちょっとだけ応援したくなった。

んまあ、俺の部署はちょいと領分が違うわけで、『応援』つったって、ロクなことできやしないんだけど。

んで、もう一組。
親子なのだ。
息子さんは、ここの職場で短時間職員として働いてて。
その人のお父さんが、ここへ来た。

どうやら、定年を迎えたのかリストラを食らったのか、それでここへ来た。

息子さんのいる職場へ。

俺、その親子に挟まれた席だった。
その親子はその酒の席で会話を交わすことは殆どなかったんだけど、親は子を、子は親を、しっかり信頼している構図はビンビン感じ取れました。

こんな美しい親子、いるもんなんだなあって、感心してしまいました。

そのお父さんが、とっても美しい背中なのですよ。
話していても、無駄はなく、とはいえ個性はあって、とっても綺麗な人でした。

俺と一緒にフライングした組合長も、そのお父さんを甚く気に入ったみたいで、宴席が終わるとお父さんを誘って、別のたち飲み屋へ行ったのです。

…もちろん、俺も組合長に引っ張られて、のこのことついていったわけですが。
その店で『元祖町田サワー』ってのを、呑みました。
久しぶりにビール以外の酒を口にしましたが、なかなか美味しかった。
また行こうと思います。

んで。

このお父さん、ほんっと、落ち着いていて、話していて、甘えたくなってしまうほど、いい男でした。

こういう人がもてるんだろうな。素直に思った。

包容力があって、自分のペースがあって。

もっと話していたかったんだけど、3人とも翌日仕事だったので、23時ごろに解散。
鶴川駅までご一緒させていただいたのですが、最初から最後まで、いい男でしたよ、お父さん。

翌日、顔をあわせたときは、『もう知っている顔』ってことで、笑顔で挨拶できました。

一度酒の席を共にしただけで、もう友達。
親子ともども。

俺の親父を紹介したくなっちゃった。

…俺以上にクドいけど。

   ×     ×     ×

んで、地獄のような一週間が過ぎ去って、23日の休み。

昼過ぎまで寝てました。

練習を回避して正解だった模様で、休みだとどうも完全にいろんなスイッチが切れるみたいで、ぐうたらな一日でした。
さすがに、夕方過ぎには家を出ましたが。
奥さんを連れて、多摩センターへ行ってきました。

多摩センター駅前、イルミネーションがすごいのだ。
毎年、足を運んでるんだけど、年々ヒドくなってきて、ギャラリーの数も歳を重ねることに二乗倍なのです。

…人の多さに酔ったので、帰ってきました。

んで、いくどんへ。

柿生じゃなくて、百合ヶ丘のいくどん。

百合ヶ丘のいくどんは店舗が広くて、メニューも充実しているのだ。



ネギハラミ。880円。
いくどんにしちゃあ、高いメニューなわけだが、これ、バツグンに旨い。
これだけでわざわざ百合ヶ丘店に行く価値があるのだ。
つまり、これが食べたかったのだ。

…つっても、やっぱハラミは重たいので、そういくつも食べられない。
一皿で充分。
メッチャ旨いものは、少しでいいのだ。
少しだから、なおさら旨いと感じるのだ。

そのほかにも定番メニューを頼んだんだけど、ちょっと変わったものを見つけたので、注文。



コーンバター。
こっちはべらぼうに安い。
んでも、旨かった。
久しぶりに、とうもろこしを食べた気がした。
余計にビールを一杯注文してしまう。

んで。

なぜだろうか。

帰り道、急にニンテンドーDSライトが欲しくなった。

んで、新百合ヶ丘の、元・行きつけのゲームショップ、トップボーイに寄る。

…ない。当たり前か。

欲しいと思ったら手に入れたくなる性分の私、その足でイトーヨーカドーへ。

ここもない。
…けど、翌日の24日に入荷予定らしく、んでも台数に限りがあるので、朝から抽選券を配ると言うのだ。

なので、翌朝、仕事が午後からあるにもかかわらず、早起きして行ってきた。

…んが。



なんじゃ、この人の波はっっ!!

朝の9時ですよ?

なにやってんの!!

…いや、俺もなんですけど。

んまあ、せっかく朝早くに新百合ヶ丘まで出てきたので、並ぶ。

本体の色別に列は出来ていた模様で、俺は、なんとなく『アイスブルー』の列に。



抽選券、ゲット。
なんとなんと、109番。
俺の後ろには、もっともっと並んでる人が…

喫茶店で珈琲なんか頼んじゃったりして、発表までの時間を潰す。

そんな折、職場から電話が。厭な予感。
「今日は忙しいので、前倒しできてくれ」

……。

んまあ、しゃあない。
ただひとつ、言いたいのは、「今日は」じゃなくて、「今日も」だろっっ

抽選はハズレ。

とりあえず、前日に行ったゲーム屋にも顔を出してみたけど、やっぱりなし。

家へ帰って、仕事の支度をして、飯抜きでいざ戦場へ。

毎日毎日、飽きもせず、よくもまあ、いつもの倍以上の仕事があるもんだ。
赤い車をくるくると駆って、頑張ってみる。
間違いなく、スピード違反。
でも、頑張るワタシ。

んで、終業。22時ごろ。

ツタヤのゲーム売り場に、ときどきおいてあることもあるってな情報を聞いて、鶴川駅前のツタヤへ。

やっぱりなし。

こうなったら、町田駅まで出て、ツタヤを2軒ハシゴじゃ。おお。

……なし。

仕方なく、帰る前にHUBへ寄る。
そのまま帰ったんじゃ、なんだかもったいない。



ギネスビール。

これぞ、プレミアムビール。

1パイント900円。

濃いぃ味に、更に濃いぃ溜息も相俟って、なぜかちょっとだけ至福。
正直言うと、なぜだか涙が出そうだったもん。
旨くて。甘くて。

ああ、ギネス呑みたい。。。

ここはイギリスのパブを模倣してるわけで、つまり他にも旨いビールはあるわけで。
近頃のワタシ、飲み屋に行っても『のみものメニュー』は見ないわけです。
だって、頼むものが決まっているから。
だけどここは、その『いつも頼むもの』が充実してるので、メニューを見ながら他にもあれこれ呑みたくなったわけですが、我慢して、ギネス2杯で家路に就きました。

家に帰って、寝たいんです。
もうマンガ喫茶はコリゴリ。

だって、疲れたんですもの。

そんでもって、今日で連勤終了。
明日は休み。

DS探しに出ようかと思っていたりしますが、もともとアテもないので、いかんともしがたい。

なので、ストレス除去に動くかと。

雨が上がってくれれば、ちょっと遠出もいいかもしれない。

…けど、靴が。

雨で靴がぐしょぐしょなのです。こまったもんだ。

んじゃ、もう一杯呑んで、ぐうすか寝てみますです。おやすみ?☆
スポンサーサイト

行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<黄金色ならば黒鉄色。 | HOME | 目標を「やさしくなりたい」と言い、かたや「強くなりたい」と言った、二人の『絶滅危惧種』が語り明かして迎えた朝。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。