60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

三回忌

これを書いている今は、26日の月曜。
仕事中。
休憩をキチンと取れたので、その隙に書いているわけでして。



過ぎし土曜、杉村先生の三回忌で、墓参りに行った。

亡くなった当日は雪。
去年は雨。
今年は強風。

ソトバがカタカタと風邪に揺らされて、むちゃくちゃ寒かったわけです。

来年もまた、キチンと先生に『御陰様で健康に生きてます』って報告できるといいな。



その後、呑み。

かなり酔った。
…で、実は体調を崩していた。のちにわかるんだけど。
12時を過ぎたあたり、なんだか体がおかしな感じになってきて、それを感じ取ったあたりから、強烈な眠気が襲ってきた。
なにかしてないとぶっ倒れてしまいそうで、ちょこまか新宿を右往左往した。
フクちゃんと光さんが捕まって、新たな店に入ったあたりで、『やっぱりなんか変だ』って気付いて。

退席して寝床を探した。
新宿三丁目あたりでビジネスホテルを回ってみたけど、さすがに土曜、全部満室。
体調がおかしいからこそ、きちんとした部屋で眠りたかったんだけど、諦めた。
あまりの寒さに、宿を探す足が止まっちゃった。
適当なマンガ喫茶で、ブルブル震えて眠った。



六時前に意識が戻った。

マンガ喫茶を出て、新宿三丁目から新宿へ、地下道を使って歩いた。

丸の内線の新宿駅で外国人女性に捕まった。
目黒に行きたいけど、行き方がわからない…って。
周りの人は『エイゴワカリマセン』的にあしらったみたいで、できる限り関わりたくない姿勢でこっちをチラ見。
なので、付き合ってみた。

メトロのチケットを払い戻し、JRの券を買い直す。
んで、緑色の山手線の品川方面行きは12番線からだから、五つめの駅…って教えてみた。
いちおう通じた。
エイゴワカリマセン…んが、まずは『伝えよう』という気持ちが大事なのだ。



帰宅後、薬を飲んで即寝。

昼過ぎに起きた頃には、のどが痛い程度に治っていた。
なので新百合ヶ丘へ出た。

ピエールたちが、キャッチボールしていて、お誘いのメールが来ていたのだ。
いやいや、もちろん、顔を出しただけに終始したんだけど。

んで、そのときに対戦メールが来てたので、伝えてきた。
『早朝野球』になってしまうので、人集まりが心配。
だけど、三月の活動予定がない我々としては、贅沢を言ってはいられないわけで。

帰って、やらかくてあったかいものを食べて、寝た。

日曜日は寝て過ごした。
だいぶ回復して、今日は働いているわけだけど、唇がめちゃめちゃ赤い。

風邪です。
スポンサーサイト

行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<逡巡と脱却 | HOME | 続・生きてます。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。