60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宣言。

前回の記事に書いた、

ちゃんと書かなきゃね。僕には筆があるのだから。

人に見せてもいい筆が、備わっているはずなのだから。


これについて、仕方がないから解説します。



27日、28日と、杉村先生のお墓参りに行ってきた。
昨年まではひとりで行っていたのだが、その話をキシコにした際、『行くときは声をかけろよ、一緒に行けそうなら同行するから』と言われたので、今年は予定を合わせて行ってきた。
毎年、『報告することなんてまるでない』と思いながらも、いざ墓前となると、いろいろ言葉が出てくるものでして。
ところが今年は違った。
キシコが先生の墓前で先生の声を一生懸命拾ってたころ、僕が先生に報告したことは、たった一つ。

今年に入って仕事が落ち着はじめてから、つらつら考えていたこと。
3月に入る前くらいから、少し動き始めたこと。

ようすけ、御年三十八歳、今年は何かをアウトプットします。

書きます。



どういう展開だったか忘れちゃったけど、墓参り後にキシコと飲んでる時、なんらかで問い詰められて、答えてしまった。
今年は書く、と。

本当は先日に書いた程度の、感付く人ならなんとなく『ようすけは書く気なんじゃないか』と思う程度の表現にとどめておいて、自分をあまり追い込まないようにしておくつもりだったんだけど、いやいや、ここはキシコだけでなく、みんなにも知っておいて貰って、僕自身を追い詰めてみよう。

無理して書いたものが面白いはずがないので、書きたいものをじっくり書く。

なんせ、仕事しながら、休みなどの空いている時間を利用して書くわけなので、そもそも遅筆の自分がさらに時間をかけてしまうわけだ。

でも、どんなのでもいいから、書くぞ。書いてみるのだ。



今すぐそこに、書きたいものがあるわけじゃない。

あれこれと、過去の自分と今後の自分とに向き合ってみたとき、僕にある『スキル』は、人前で揮っても、それなりに読むに耐えうる筆が備わっていることくらいしか、なかったのだ。

今のままでも生活はできる。
だが過日に書いたとおり、ここの職場は大変よろしくない空気に今もなお晒され続け、いつ転覆したって不思議じゃない船に乗っている感覚は払拭できない。
そして、この仕事自体がそんなに好きではない。天職だ、とは思えない。

だからと言って、別段興味のない資格を取りに向かうのも、今の段階では特別必要に迫られてもなく、リアリティもない。

なら、なんだ。

38歳逃げるにしかず・・・ではない。(※注:三十八計逃げるにしかず・・・よ、本来は)
38歳にして、敢えて攻めてみます。

書きます。



ただね、ライターという職業に、またなろう・・・戻ろう・・・というわけでもないの。
僕は僕を試したい・・・その切っ掛けに『書く』という選択をしたの。
親があり、家があり、墓のある、ここ(三重県)を離れるわけにはいかず、だからといってこのままだらだら行くのも癪だから、僕自身が別のステップへ臨むことのできる階となってくれれば、意味ができる。
それには最低限、ある一定以上の他人の評価を得なければならない。
でもそれに臆することなく、ものを作ろうと、今の段階では思っています。



というわけで、テーマ探しというか、自分探しを恥ずかしながらこの年でやりたいと思います。
だから今年は、いろいろな人と、いろいろ触れ合って、感じれることはすべて掬い取って、そういうアンテナをまた構築しなおします。

頑張りすぎない程度に頑張ります。
スポンサーサイト

脳内メモ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<開幕。 | HOME | 自分改革>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。