60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

治安の悪いところに住んでおります。

こないだ。
仕事中、ケイサツがバリケード的なものを張って、立ち入り禁止にしているのを目撃した。
『なんだろうかしらねぇ』
なんて思っていたんだけど、仕事場へ帰って休憩時間にテレビを見たら、その答えがわかった。

火事があったのだ。

んで、4人も亡くなってしまったそうな。

ライブ中継で、ニュースは伝えていた。

『町田市広袴』

って。

確かに、さっき通ってきた、あそこだった。
そんなに酷い火事だったんだなぁ…。火事って怖い。
もしかしたら、どこかであったかもしれない被災者の方々、ご冥福を。
花も手向けず、ただ祈ることくらいしか出来ない私をどうか許してください。

   ×     ×     ×

その翌日。

またも町田市から生中継。

今回は、仕事場の管内ではない町田市。
町田市の駅近くで発砲事件があって、犯人は自宅に篭城……というニュースだった。
犯人が、知人の暴力団関係者を撃ったとされるコンビニ。
あそこ、俺が町田市でイチバン足繁く通っているラーメン屋、『からいもん』の正面のコンビニだった。
ぞっとした。
あそこの駐車場で、そんな事件があっただなんて。

犯人はその翌日未明に、特殊部隊の突入で、自殺を図ったと聞いた。
まずは生きてこそ。
犯人であると知りながら、せめて生きていて欲しいと思っている俺はお人よしなのかしら。

   ×     ×     ×

同日のニュースで、川崎市宮前区で起こった通り魔の容疑者が逮捕されたと言うニュース。
ここ数年で、何度か通り魔事件が起こっていた宮前区。
我が住処『麻生区』のお隣、御用達うどん屋『綾』のある宮前区だ。

容疑者は容疑を否認しているらしいが、確かに供述におかしな点があって、この事件は時間の問題なのではないかと思う。

んで。

現実問題。

俺の住んでるところって、なんだかんだ、治安が悪いのだなあって、改めて思った。

実家じゃあ、救急車が近くに止まれば、『どこの家だろう?』って、それこそ翌朝には『どこそこのだれそれさんが、昨日倒れた』って、超ローカルな口コミニュースになるほど、平和。

だからこそ『東京って、おっかねぇなぁ。。。』なんて、田舎人特有の負の誇大妄想にとりつかれたりもする。
けど、住めば都、頻繁になる救急車のサイレンに慣れ、あちこちで見かけるパトカーを見てもドキドキしなくなり、つまり緊急自動車に遭遇することに慣れてしまったのだ。

いかんなあ、それでは。
なんて、今日、仕事中に思った。

俺はいいのよ。

心配なのは、俺以外。

特に、奥さん。
未だに田舎物丸出しのわが妻。

あれやこれや、負のニュースを目にし耳にし、ちょっと心配になった。

そんな今日に限って、メッチャ忙しかった。
んで、職場を出たのは10時過ぎ。一番最後。

少し小走りで帰っている俺はちょっとかわいいと思った。

……けど。

家へ帰ったら、赤ら顔のワイフが。

俺の呑み残していた梅酒をちょっとくすねたらしく、すわった目で「…寝る」と捨て台詞を吐いて自室へ。

むむう。

せめてできることといえば、梅酒を全部呑むことくらいですかね。

梅を味わうには遅い、初夏。

今日は結局、雨が降りませんでした。善き哉善き哉。

明日は急遽、早番になったので、さっさと寝ます。

余談ですが、『広袴』って地名、好きです。袴は広くなきゃいけないと思うわけです。
スポンサーサイト

行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<癒しの装置 | HOME | おとこのえいが>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。