60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20100814 天災は誰が頭上に

親方も無事に合流し、たけしと3人で、時間まで平野家で過ごす。
家を17時過ぎに出れば、桑名駅17:30集合に十分間に合うのだ。

もはや『ファミコンルーム』と化した応接間で、時々天気を気にしながら時を過ごす。
でもこの様子だと、またお昼みたいな大降りにはならなさそうだ。

それぞれがそれぞれ、こちらへ向かってきているであろう、16:10。

不穏なメールが僕のもとに届く。

Q『大雨で特急運転見合わせ ちょっと時間が読めません ちなみに雨は大丈夫ですか?』

こちら、天気はどうやらもちそうなのだ。
がしかし、ここへ来て、ほぼ遅刻確定メール・・・

というのも、Qさんは、わざわざ遠出するってんで、せっかくなら寄り道をしたい…ってことで、中央線で木曽を経由する形をとっていたのだ。
木曽を経由するため、集合には5分遅れるという旨のメールを前日までに貰っていた。
5分なんてのは、みんなが集合先のホテルで準備しているうちに追いついちゃう(ホテルは桑名駅の目の前)ので全然問題なかったわけだが、いやいや、電車が動いていないとなると話は別だ。

今回、残念ながら、オリジナルメンバーでグラウンドに散らばるナイン全員を集めることはできなかった。
しかし、相手方もまた僕の息のかかったチームであるが故、こちらに人を一人貸していただくことで成立させることができていた。

Q『(16:53)中津川を過ぎ、恵那の手前』

集合時間の約30分前、Q氏はまだ、岐阜県恵那市についてないわけだ。
ううむ、遅刻確定・・・雨の野郎、ここじゃなく、Q氏のところへ行きやがったか!

このメールを受け取ったのち、三人は集合場所のある桑名グリーンホテル前へ向かった。
車に乗って桑名市街を目指して動いている最中、再び雲行きは怪しくなり始めた。

桑名駅で無事にQさん以外のメンバーと合流、チェックイン。
フロントへは、Qさん遅刻の旨と、多度アイリスパーク球場へのアクセスナビを依頼しておく。
われわれはチェックイン後、準備を整え再びフロントへ集まり、いざ、戦場へ。

その道中。
黒い雲がみんなの頭上へ覆いかぶさり、雨を降らせてきた。
車内にこだまするみんなの声はのは、悲鳴か、溜息か、はたまた雨男への怨嗟の声か。
Q遅刻に、試合前のスコール・・・
しかしもうここまで来たのだから、運を天に任せて祈るほかない。

無事にできますように・・・



コンビニへ寄って各々の飲み物を買い、現地へ入る。
相手チームはもうすでに到着していた。
気がつけば、空は曇っているものの、雨はやんでいた。
相手チームのベンチには、思っていた以上の人だかりがあった。
よかった、これならもう一人借りることもできる。

我々もピンクのユニフォームにそでを通し、グラウンドへ降り立った。
思い思いウォームアップやキャッチボールを始めたころ、空に緞帳がかかるように暗くなり始めた。
照明スイッチに灯を点すと、こげ茶色の内野グラウンドが明るく照らされた。



いよいよ宴が始まる。
スポンサーサイト

絶滅種 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<20100814 天災は誰が頭上に(BlogPet) | HOME | は中継するはずだった(BlogPet)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。