60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

長すぎた散歩

『長い散歩』って、もう公開になったのかしら。
ひょっとして、いつのまにか終わっちゃってたりして。

さておき。

一昨日の話。

火曜、休みだった。
午前中に起きて、調べた。
何を調べたかって、『房総半島までの距離』だ。
柿生から小田急に乗って藤沢まで。片道360円。
藤沢からJRで久里浜まで。片道480円。
そこからフェリーで南房総の金谷へ。フェリーの運賃往復1100円。
全部で往復2780円也。

結構安く、行こうと思えばいけちゃうもんなんだなぁ、と関心。
但し、房総半島に上陸するだけ。
んでも、とりあえずは割と手軽に行けることがわかった。
がしかし、生憎の曇り空。なんならすぐにでも降ってきそうな勢い。

ううむ……回避。

せっかく房総半島に降り立ったってのに、雨に降られちゃあ、意味がない。

ってなわけで、五月台へ。
モスバーガーを食べたかったんです。

んが。

予想外に、大混雑の五月台モスバーガー。
ちょっと入ってみたけど、人の多さと子供のはしゃぎっぷりに酔って、退出。。。

このまま帰るのもなんだかもったいないし…ってことで五月台駅の改札をくぐった。

新百合ヶ丘…に行くのは、これじゃあいつものパターン。
なので、なんとなく逆方向へ。

放浪癖、スタート。

多摩センターに到着して、ぷらぷら。
ウェンディーズにて、昼食。
五月台のモスは盛況だったのに比べて、閑散。
ううむ、五月台に負けてて大丈夫なのか、多摩センターよ。。。

昼食後、しばらく散策。
んが、さして目を引くものもなく。
ピューロランドに入る気はさらさらないわけで、いつ降り出すのかわからない曇り空の元、さっさと引き上げようかと考え始めた。

ところが一つだけ、目を引くものがあった。

モノレール。

モノレールって言うだけあって、レールは一本。
レールに跨る形で車両が駅へ吸い込まれていくところを見て、なんとなく乗りたい気持ちになった。

いまやSuicaがあれば関東近県ならどこへでも行ける時代、チャージチャージ。
Suicaでモノレールに乗るのはちょっと不思議な感覚。
止まっている車両に乗って、発車を待つ。
ぶら提げていたこしみのからDSを取り出してドラクエやってるうちに、発車。

改めてじっくり『モノレール』を味わってみると、モノだけに結構横にぐらぐら揺れる。
景色が高いから悪い気はしないけど、このぐらつきはちょっと気になったなあ。
…って、思いつきでモノレールに乗っちゃったはいいが、目的地をサッパリ決めていなかったわけで。
さて、どないしようかしら……って思ってると、立川南って駅に着いた。
JR立川駅も見える。
ここで降りた。
立川くらい大きい街なら、なんかあるだろうって思って。
とりあえず、駅の近辺をウロウロ。
思っていた以上になんもない。。。
立川駅は中央線への乗換えが殆どで、駅を出たのは数回しか記憶にない。
こんなにしょっぱい町並みだったっけ??ってな具合で、あちこちを行く。

ゲーセンへ。
マジックアカデミー4。
ちょくちょくやっているのだ。
まだ7,8回しかやってなかったのだけど、一度2位になった以外は全部優勝してて、あれよあれよと言う間に『ドラゴン組』ってクラスまで行ってしまった。初級魔術師の分際で。
んで、今日がその『ドラゴン組』に編入してからの初対戦。
ナントカ賢者ばっかりで、さすがにビビル。
問題のレベルもかなり高度で、結構低得点の争いになった。
そんでも5位。
6位以下の魔法石(でよかったっけ??試合後に勝ったやつからもらえる石の名前)をさらっとゲット。
さすがに『ナントカ賢者』ばかりだっただけあって、89個も貰えてしまって、あっちゅう間に初級魔術師1級までクラスアップ。

満足気にゲーセンを後にし、またふらふら。
今度はバッティングセンターを発見。
オスローバッティングセンター。
オスローと言えば、歌舞伎町の真ん中にあるバッセンと同じじゃないか。
確かに店の作りも似ている。けど……
左打席がない……

うそぉ!?

って、くまなく探してみたら、あった。
なんか、ずいぶんピッチングマシンに近い距離のボックス。
ソフトボールのピッチャーとバッターの距離くらいから、本気球が来るのだ。
なんか、感覚がおかしくなっちゃいそう。
投げてからこっちに来るまでが微妙に近いので、イメージよりも振り遅れてるのよ。
なので、ちょっとバットを寝かせて構えてみた。ソフトボールの選手みたいに。
そしたら、右方向にいい打球がバンバン出るようになって、ちょっとビックリ。
この打ち方がちょっと気持ちよかったので、もう1ゲームやって、なかなかいい汗を流す。

んで、またプラプラ。
まだ日は高い(曇り空ですが…)のに、早くも呑みたくなってきた。
んが、こんな時間に開いてる飲み屋はあるはずもなく…いやいや、あった。
バー的なところ。
んで、開いてるっぽいので、入って、カウンターで呑んでた。
当然ながら、客はまばら。
まばらって、俺以外にこんな時間から呑んでる人がいるってことが、ちょっと驚き。
平日休みでちょっと呑みたいって人、いるもんなんだねぇ。
カップル一組と、男の客。
それと俺。4人。

2杯目を呑んで、帰ろうって思っていた。
そしたら。
ヌーノの曲が掛かった。Sick punkのイントロで、『お!?』って、うっかり反応。
そしたら、L字のカウンターで飲んでたそっち側から、「ヌーノ好きでしょ!?」って。
そんな、曲の冒頭で『お!?』的微妙なリアクションをアンタ、つぶさに捉えてたの?
チョッチ怖いんすけど。。。
なんて思っていたんだけど、いやいや実は、その男性ひとり客、俺がかぶっていたニット帽に目がいっていたそうで。
ポピュレーション1のロゴが入った帽子だったので、『ひょっとしてコイツはヌーノファン?』と思ったそうだ。
だけど声をかけるタイミングもなく、そしたらたまたま偶然、ヌーノの曲が流れて、それで明らかに俺の機嫌がよくなったのをみて、声を掛けてくれたのだ。
というわけでもちろんこの人、ヌーノファン。
Sick punkはとっくに終わっているのに、「どこそこのライブはよかった」だの、「あの曲はあそこがいい」など、ヌーノ談義。
ライブ会場以外でヌーノファンに会うなんて滅多にないので、ちょっと興奮して話が盛り上がった。
気がついたら、結構たくさん呑んでた。
そして、夜になっていた。
夜になったのを気付いたのは、ハムの途中経過メールが来たからだ。
ハムのファンだと言うと、彼はなんと、ロッテのファンだった。
ちょうど今、ハム対ロッテじゃないか。
ってなわけで、今度は野球談義。
んだけど、この店は食べ物が大してないので、一旦店を出て、普通の居酒屋に乗り換え。
去年のハム、一昨年のロッテ、大嶺の高校時代の話(ってか去年の甲子園の話)とか、大いに沸いた。
この日、ハムは負けて5連敗を決めてしまったわけだけど、もうどうでもよかった。
メッチャ楽しかったのだ。
ところが、楽しすぎて時間を忘れていた。
時計を見ると、11時半を回っていたのだ。
あ、やべ。
そろそろ帰んないと、次の日早番だ。
って、宴もたけなわ、「ゴメン、ぼちぼち帰らないとマズイ」って、店を出て、別れの挨拶をして、帰路へ。
連絡先とか、せめて名前とか聞いとけばよかった。。。

んで、歩いて駅。
もうモノレールはなかった。がーん。
慌ててJRの駅へ。
南武線ルートは新宿回って帰ればいけそうかなって思ったんだけど、ダメだ、間に合わない。。。

ならばここで泊まってしまえ。えいっ。

…マンガ喫茶で電車を調べなおしたところ、終着駅を『五月台』でなく『柿生』で調べれば、南武線で間に合う電車があったと言うことを知り、ちょっと凹んだ。
んでももう仕方がないので、仮眠とって、翌朝の始発に乗って、家へ帰ってまた仮眠を1時間くらいとって、お仕事へ。

めっちゃ眠かったけど、どうにか乗り越え、帰宅即就寝。爆睡・・・

めちゃめちゃ寄り道脱線しまくって、散々お金も使っちゃったけど、楽しい休日でした。

次は房総半島にいってやるのだ。
んでもその前に、もう少し計画的に事を運ばねばなるまい…と思ったわけでして。
房総半島にマンガ喫茶はなさそうだから。
スポンサーサイト

行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<惜しかったね | HOME | 癒しの装置>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。