60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20100813初勝利夜明け前

決戦は土曜日。
その前日。金曜日。

僕はヘトヘトだった。
ご存知のとおり、暑くて暑くて。
そんな中、5連勤。

その5日目だったわけだけど、必死に頑張って、定時で終わる。

だって今夜は前夜祭。
一日早く現地へ乗り込んでくる武史を迎え撃たねばいかんのだ。

武史は高速バスで来るらしく、となると、お盆ラッシュに巻き込まれるんじゃないかと予測してたんだけど、フッツーに定刻通り、来やがった。

なんとなんと、定時で終わった僕を、時間調整したうえ、長島駅で待ち受けるほど、余裕の現地入り。

僕を待っていたのは武史のみならず、ワイフも駅前にて到着を待っていたのだ。

ワイフの車に乗り込み、向かった先は、近頃お気に入りの『雑な中華屋』に。

8月の頭に東京へ行ったとき、武史と町田で呑んで、その時に話してはいたんだけど、件の中華屋はホントに雑なの。

味は悪くない。メニューのチョイスさえ間違わなければ。
だけど、いろいろ、なんかオカシイ。


壁に貼ってある写真入りメニュー、同じメニューなのに、いちいち写真が違ったり。
こっちの鉄板焼きそばは玉子が割れてないのに、あっちの鉄板焼きそばの写真は玉子が割れて黄身が出てたり。
壁に貼ってある『レタス炒め』は、650円の値段が書いてあるところへ、上から紙テープを貼り付けて『500円』に直してある。
でも、メニュー表には『550円』と書いてある。
もちろん、3つとも写真は違う。

スタッフは中国人しかいなくて、日本語が通じているのか微妙。
でも伝票には、汚いながらも日本語で『レたスいたメ』って書いてある。

値段はたぶん、どんぶり勘定。
あれだけ飲み食いして、こんなに安いわけないよ…と毎度思うもん。

とまぁ、その不思議さを充分堪能しながら、明日の試合に向けてのプチ会議を、したりしなかったり。

不思議な店ではあるけれど、善い酒にかわりはなく。
僕ら的に軽めの酒で店をあとに。


宵も、酔いも、深くなり、二人が翌日の勝利を夢見て眠る頃。

知る由もなかった。

僕らの頭上を、宵闇に紛れて、厚い雲が、月明かりを塞いでいたことを。

(明日以降へつづく)





ウグイスは、無事に空へ還って行きました。

翌朝、日の出とともに、新たな旅へ出ていきました。

ホッとした。けど、ちょっと寂しい。
気が向いたらたまに帰ってきて、朝に、あの素敵な声で僕を起こしてください。

ほー、ほけきょ。
スポンサーサイト
絶滅種 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<20100814当日を迎える | HOME | たのむ、生きろ。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。