60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

牛と三重県


昨日書いた通り、松阪へ行ってきた。

松阪は、遠いのだ。

でも仕方がない。

三重県ってけっこう広いので、北から南から集まるなら、大体真ん中の松阪あたりがいいのだろう。

というわけで、各支店の代表が集まって、超巨大組織の今と未来を偉い人が語り、のちに参加メンバーそれぞれが、いままでの経験で感じた疑問点や改善点、あるいは今の職場環境に対する不満など、マクロ視点からミクロ視点まで、思いの丈を執行委員にぶつけた。

三重県津々浦々、ところ変われば常識も変わる…というか、三重県って改めて広いんだなぁ。と実感した。
南の端や西の端はド田舎なので、田舎特有の生々しい事情を聞いたり、パワハラの現状を聞いたり。



終わったあとは懇談会。
ノンアルコール。

ま、田舎から来た人たちは、たいてい車ですので、正しい判断。

ただ、片道920円もかけて来た我々は、消化不良。

なので、さっさとおいとまして、駅周辺にあった焼肉屋へ駆け込んだ。

メニューは確かにそこそこいい値段したけど、さすがに旨かった。

普通のカルビと、松阪牛上カルビと、両方を注文した。

普通のカルビでも充分美味しかったのに、松阪牛上カルビは、んもう、致死量。
死因は幸せ死。

明らかに違う。
圧倒的だった。

普通のカルビが高校野球選手なら、松阪牛上カルビはメジャーリーガー。

脂の乗り方や赤身のやらかさは、筆舌に尽くしがたい。

完璧。

こんな旨い肉が今後手に入りにくくなる…なんて思うと宮崎県の口蹄疫問題の重大さを身を持って知った。



帰りは21時04分松阪発の急行に揺られて戻ってきた。
電車の本数が少ないので、早めに切り上げ。
21時04分を逃すと、21時41分の名古屋行きが、終電になるのだ。

早すぎる終電。



懇親会はいろいろと勉強になることが多かったし、帰りの肉もべらぼうに旨かったので、今日の行動をよしとする。

…さ、寝ます。

松阪牛、それは永遠の輝き。
スポンサーサイト

行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<牛と三重県(BlogPet) | HOME | は書留がほしいな(BlogPet)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。