60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

泣きっ面に……大雨、のちに蜂

ごっつい雨だった。

朝から凄い雨。

「頼むから止んでくれ…頼むから止んでくれ…」

と、ブツブツ呪文のように唱えながら出勤。

願い虚しく、出る頃には、出勤時の倍ほどの雨量に化けていた。

休配日明けの月曜日はただでさえ忙しいのに、加えてこの雨。

「書留は少ないから」

が、せめてもの救いとなる情報だったけど、なぜか僕の区だけ、大漁。いじめか。

今日の雨はまるで、近年の夏に時折襲ってくる『ゲリラ豪雨』みたいな雨量。
ただ、ゲリラ豪雨は、通り雨的なものなので、しばらく待てば弱まるわけで。

今日は違った。

待ったところで状況変わらず。
ならば酷い状態のまま、行くしかない。
自分もブツも、ビタビタになりながら、少しずつでも前へ進んだ。
でもやっぱり、能率は上がらない。
さっぱり仕事が捗らないままタイムアップとなり、前半戦は大ハンディを背負って職場へ戻ってきた。



午後。

立ち上がり時、うちの班だけ研修。

少しでも早く配りはじめたい今日なのに。

40分くらい削られたけど、その40分が奇跡を呼び込んだ。

出る頃には雨が上がったのだ。

「チャ?ンス!」と吠えて、再び降りだす前に少しでも配るのだ。

めいっぱい頑張る。
実は先週、仕事中に脱水症状を引き起こしてヤバかったんだけど、今日もうっかりそうなりそうだった。

雨は降ってないけどいつまた降り始めるか分からないから、雨合羽は着たまま、仕事してた。
まるでサウナスーツを着たまま仕事してるみたいになって、ふと気付けば、雨合羽の下は汗まみれ。

少し息が上がってきたところで、先週の脱水症状的脱力感に気付き、目の前にあった自販機に駆け込み、アクエリアス購入。ひと休み。

水分補給してると、晴れ間が見えてきた。
これなら雨の心配はないな。
と思ったので、雨合羽の上を脱ぐことにした。暑いし。

脱いで、キャリーボックスに仕舞って、アクエリアスを飲み干してペットボトルを捨ててバイクに戻ってきたとき、ハンドルになにかが留まってた。

…蜂。

いや、蜂は5月の頭くらいからちょいちょい見てる。
けど、いままで見たハチは、アシナガバチかミツバチ。

今日、僕のバイクに留まってたアレは、間違いなくスズメバチ。

あれは危ない。
危ないので、離れて待つ。

しばらく待ってたら飛び去ったので、慌ててバイクを発進。
とりあえず、雨も蜂も、乗りきった。

要するに、疲れた…



明日は組合主催の非常勤職員たちが集う会合で、まっつぁか(松阪)に行ってこなければならない。

たまたま明日が非番だったのと、たまたま組合員だったのと、たまたま東京でも似たような仕事の経験があったということで、白羽の矢(?)が立った。
僕に気を遣ってくれたのか、当支店から2名出さなきゃならない…ということで、僕以外のもう一人のチョイスを、割りと仲のいい人に休みを与えてくれて、その人といっしょに松阪まで行くこととなった。

同じ県内だけど、桑名と松阪はけっこう離れている。

たぶん、新宿から小田原くらい。

つまり、ちょっとした旅行みたいな感覚。

まあ、松阪行ったところで自分の好きに行動できるわけではないのが難点ですが。

でもせっかく行くからには、楽しむつもり。

肉、食べなきゃ。

口蹄疫で食べられなくなるまえに、まつさかうしを食べるのだ。

…給料日直後だけに、ムチャクチャやらないようにしないと。

とんでもない値段を請求されないように、気をつけて行ってきます。
スポンサーサイト
行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<は書留がほしいな(BlogPet) | HOME | nice to meet you>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。