60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

不動産事情

20100111231029
土地の値段って、あんまりピンと来ない。

…俺だけ?

さておき、ちょいと昔、私は神奈川県川崎市麻生区というところに住んでいたことがありまして。

首都圏のベッドタウンのひとつとして機能していた都市近辺で、だからこそそれなりに一戸建てはいい値段してました。
待ち合わせ場所の近くに不動産屋があったらば、眺めてみたり、広告がポストに入っていたら読んでみたりして、『マイホーム、高っっ!』と、買う気も金もないのに思っていたのです。

さて、ところ変わって長島町。
時代は変わったみたいで、長島町みたいな田舎にも、そこそこ大きなマンションが立ち並び始めました。
長島町も、名古屋で仕事する人にしてみれば、ちょうどいいベッドタウン。
体のいいマンションがあれば、多少真剣に考えてしまいそう。
でも昔から長島町に住んでいたら、マンションにすむなんて危なっかしい。

地盤がユルいのです。
大地震来たら倒壊。

なのでもし、長島町に住もっかな…ってな人がいるとしたら、僕は大倉という地区をお勧めいたします。
たぶん、長島町の中で一番地価が高いはず。
だって、駅まで車で5分だし、24時間温泉が出るし。
マンションに比べ多少高くついても、頑張って買うべき特典付きなのだ。

今日の新聞のチラシに入っていた、大倉の売家の値段を見てビックリ。

2950万。安っっ。

麻生区はだいたい、7000?8000万だったのに、3000万で温泉付き一戸建て。リビングダイニングは23帖。うひょー。


…どっかから降ってこないかな、3000万…

うちみたいに子供いない夫婦には抜群の条件だと思うわ。

これ、欲しい。

誰か買え。どうせ買われるなら知ってるやつのがいいわ。



土地の値段がピンと来ないオイラがお送りしました今日のネタですが、実は売家を買うよりも借家に住んでる方が最終的には得する…とか、誰かが言ってた気が。

マイホームってなんだろうねぇ。

借家だろうが持ち家だろうが、色んな意味で安心して住まうことの出来る家。

早いとこ、マイホームという感覚を作らなきゃなぁ。

未だに『もと実家』っていう、お客様気分がどっかしら抜けてないのよね。ふうむ。
スポンサーサイト
脳内メモ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ひとしごと。 | HOME | 正月>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。