60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なばなばな

どうも。
早くも放置状態の拙ブログ、ようやっと再開です。
先週の3連休に実家へ帰省した後、愛と怒涛の6連勤務が明けた今日、休みなわけですが、寝たおしました。
よっぽど疲れていたのでしょう、とにかく体が休みたがるのです。
だから休ませました。

そろそろ『決戦』に備えるため、むっくり起き上がったわけですが。

さて、過去を振り返るべく、日記をつけようと思います。



帰省といっても、特別何かあったわけじゃなく。
んまあ、親父殿の相手をしに帰っただけなんです。
3日間帰省したわけですが、ヒキコモリっぱなし。
さすがにずっと家や店の中にいるわけには行かないと思い立ち、最終日は東洋を引っ張り出し、出掛けてきたわけですが。

出掛けて来たとは言うものの、長島町内。
海抜0m地帯から抜け出してないんですがね。

nabana_toyo


んまあ、ちょっとした植物園テーマパークみたいな感じのところなんですが、東洋の頭上に『ヘンなモノ』があります。
あれはナガシマスパーランドから移植してきた乗り物『アイランド富士』なんですけど、これ、必要なものだったのかなあ、と。
確かに、子供は退屈しそうな園内。
けどね、この乗り物は、ねえ。。。
ただ富士山的なオブジェのある機械島が、上へ上がってゆっくり回って降りてくると言う代物。
…ううむ、なんか違う気が。

さておき。

ここ、自分の披露宴以降、来てなかったんですが、結構いいところだったのね。
ベゴニアガーデンが主役の当園なのですが、今回は季節物として、広大な秋桜畑が用意されていまして。

cosmos


私めのケータイがしょぼいから画像にすると大したことないんですが、けっこうな溜息が出ました。

秋桜やダリアをひとしきり眺めたあと、『長島ビール園』へ入りました。
ここは披露宴の2次会で使わせていただいたところなんですが、それ以来の来園と言うことで、昼食がてら(お酒呑むわけだけど…)、寄らせていただきました。

kurobeer


ビール園と名乗るだけあって、ビールは地ビール。
ピルスナー(いつものビール)、ヴァイツェン(小麦使った白ビールみたいなやつ)、デュンケル(黒ビール:写真)の3種類がございまして、その全部を呑みました。私は。
東洋はとことんピルスナーを飲んでおりました。
んで、おつまみに、私は『焼きハマグリ』を頼んだのです。

hamaguri


「その手は桑名の焼き蛤」と昔から謳われていた(?)ように、桑名の名産品なわけですが、ワタクシ、ハマグリってこれくらいの大きさのものだと、ずっと思っていたのです。
ところが、こちらへ越してきたときに、どこぞの飲み屋で『名産 桑名の焼き蛤』ってメニューを注文したら、めっさちっこい貝が出てきたのですよ。アサリサイズの。
なので、「すいません、俺、ハマグリたのんだんですけど」って文句いったんです。
「?? それ、ハマグリですよ」
って、バカなんじゃないの?的リアクション。

自分の知っていたハマグリは、普通サイズのハマグリよりよっぽど巨大だったのですよ。
それを証明するかのごとく、東洋の注文した『ハマグリ釜飯(出来合いのものをレンジでチンした物っぽい)』に乗っかっていたハマグリは、小っちぇえのなんの。アサリどころかシジミ級。

「これは輸入物やな」と東洋バッサリ。

あまりにかわいそうなので、焼き蛤を一個あげました。
…けど残しました、東洋。むむう。

…てなわけで、千鳥足でヒラノ薬局へ帰局、すこし休んでから私は神奈川方面へ帰ったわけです。

ここ、結構高くついたし、言うほどビールも極ウマではなかったけど、誰かビール好きなお客さんが来たら、ここにこようかと思いました。

長島町、知らないところが結構あるんだなあと思いました。

なんせ、『帰ってきた』と言う感覚が、実家へ戻ったときよりも寧ろ自分の家に帰ってきたときのほうが強くなってますから。

実家があると言うことに、感謝して続きを生きまする。


さあ、決戦だ。

今日勝たないと、明日は成瀬なので、必死だ。

ビールの準備万端。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<愛と悲しみのwikipedia | HOME | 秋を感じた。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。