60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ともだち

DVDを借りてきた。
6月27日にレンタル開始と言う情報は得ていた。
だけどその6月27日は、タイヘンだった。

知らず知らず、かなり気を遣っていた連休が明けて、26日の夜にこちらへ帰ってきていた。
連休のことはまた別に書くとして、その連休中に、奥歯がうずいた。
その時は、うちの薬局に痛み止めを貰ってごまかしていたんだけど、出勤初日の27日、爆発してしまった。

激痛に悶え苦しみながら仕事をした。
冷たい水を口に含んで麻痺させてごまかしていたんだけど、夜になると冷たい水までが敵になった。
強烈な偏頭痛に加え、時折来る、全身を襲う立ちくらみのような衝撃に、立ってさえいられなくなった。

運悪く、遅番。
定時なら、9時まで。
とはいえ、出てきたからには、全うしないといけない。
仕事が暇になると、ケータイで救急患者を扱ってくれる歯医者を探して、片っ端から電話した。
だけど、全滅。
翌日は木曜。つまり歯医者はお休みの日。
なんとしても、その日のうちにカタをつけたかったのだ。
なんせ、そのいたみでは眠るどころの騒ぎではない。
頭カチ割って死んでしまいたいくらい、苦しいのだ。

町田市内に夜中も診療している歯医者を奇跡的に見つけた。

だけど、遠い。同じ町田市内なのに、遠いのだ。
町田市は、かなり広いのだ。
電車で行くとなれば、町田で横浜線に乗り換えないといけないし、なんせ保険証を持ってないので、10割負担となるらしいのだ。
それでもナントカしたかった。
定時を過ぎてもまだ片付かない仕事。
文字通り必死で仕事を片していたら、近くにいたオーコーチさんが心配してくれた。
彼の仕事はとうに終わっているのに、俺が終わるのを待ってくれていた。
それどころか、彼は一度家へ帰って、ヘルメットを持ってきてくれて、仕事が終わった俺を乗っけて、俺の家まで保険証をとりに行き、そのまま歯医者へ連れて行ってくれたのだ。

歯医者はおそろしくオンボロで、オーコーチさん曰く、「夜中も診療しないと客が来ない」歯医者。
あながちウソに聞こえないほど、寂れていた。今日は厄日なのだろうか。

還暦をとうに越えているであろうおばあちゃんが、震える手で(それは言いすぎか)診察。
結局、なんら治療はされないまま、ちっちゃなレントゲンを撮っておしまい。
虫歯ではなかった。
おそらく、親不知が横向きに生えてきていて、それが奥歯を圧迫して痛みとなっている模様。
レントゲンで撮影した範囲が小さいので特定はできないものの、俺の予想通り、親不知が歯茎の中で横向きに生えてきているとすれば、ここの設備では治療不可能と言うことだそうだ。
ともあれ、いまのこの『炎症』MAXな状態では、治療はどこの病院でも不可能らしく、その日は抗生物質と痛み止めを処方してもらって帰路についた。

帰り、いろいろよくしてもらったオーコーチさんに夕飯をご馳走した。
したかったのだ。
時間はもう12時を回ろうとしているころ。
歯痛の俺はともかく、彼は関係ないのに最後まで付き合ってくれたのだ。

「せっかくタクシー代が浮いたのに、もったいない」

いやいや、君の気持ちを無碍にすることのほうがもったいない。

   ×     ×     ×

過ぎし今日。
薬を飲み続けたおかげか、やっと腫れも引いた。

だからDVDを借りてきた。

見た。

難解なストーリーと、更に難解な世界観。
映像美としては見事だと思うけど、所詮うちのテレビのスペックはしょぼい。
だからこそ、映像美より内容を求めたくなるわけで。

長編映画なのに、まるで『一篇の詩』を読んでいるような気分になった。

その根底には『ともだち』というテーマがあった。

   ×     ×     ×

歯痛で苦しんでいた夜、厭な汗を掻く夢を見た。

或る友達が俺に言う。

「今のお前とつきあったって、なんのメリットもない」

そこへまた、或る友達が俺に言う。

「友達って、メリットやデメリットで付き合いが変わるもんじゃない。あの人はお前の友達なんかじゃない」

俺はわからなくなる。

確かに、メリットを求められた時点で、その人との付き合いを、正直、疑問に思う。

だけども、それを見た別の友人が、『あんなの友達じゃない』とバッサリ斬る。

それも結局はメリットやデメリットが根底にあるような気がする。
つまり後者の友達も、きっといつか、俺に向かって前者と同じことを言うときが来る…と思う。

俺にとって、みんな友達。
みんな、いいときもあれば悪いときもある。

次の日も仕事なのに、そんなことは顔に出さず、俺を歯医者まで乗っけてってくれた彼の気持ちこそ、そのぬくもりに用があるのだ。

誰かの価値を上げ下げしてるうちは、その人自身の今がテキトーなんだと思うし、とはいえその人にも、或る瞬間、「メリットない」と言い放った誰かのことを本気で心配する瞬間も来るのだ。

ともだちって、思ったより複雑な関係。

信じることは、難しいのだ。

だけどそれは、信じないと得ることは出来ないぬくもり。

   ×     ×     ×

まだちょっとだけ歯に違和感があるので、明日は心と体を休めます。おやすみなさい。なかなかいい映画でした。
スポンサーサイト

行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<うかれ。 | HOME | linear>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。