60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さぬきツアー’09 ?序章?

序章 雨は誰が頭上に

3月6日 AM4:30

ようすけ宅にて、ようすけ起床。
いつもいつも準備不足の自分にしては珍しく、前日の夜のうちに支度を整えていた。
歯を磨きつつ、うどん部の2人へ起床メール。というより、すでに二人からはメールが来ていた。
2人のメールから推察するに、どうやら二人とも徹夜の模様。
よしりんは、おはようメールに「飛行機は爆睡します」の犯行予告。
そしてそのメールにレスをつける形でそうへいさんも「私も寝る」と、共犯を示唆する内容。
多少なりとも寝てきた私は、なにはともあれ、期待に胸をふくらませて家を出た。

傘持参で……

言うまでもなく、外はすこぶる雨。
目指す新百合ヶ丘駅5:20発の羽田行リムジンバス、これに乗るためには、徒歩で新百合ヶ丘駅まで行かねばならんのだ。
というのも、我あばら家最寄りの五月台駅の始発だと、これに間に合わなくなるので。
傘をさして、どしゃどしゃと降り込んでくる雨を憎々しげに睨み返しつつも、早足でターミナルに到着。
間もなく乗り込み、やっと香川へ気持ちを100%向けたのだ。

ようすけメール『バス乗車。テラ雨なんすけどw』

そうへいメール『触れないでおいたのだが、どうしても突っ込んでほしいようですね この雨男め!』

ようすけメール『大丈夫。香川は晴れてるよ、きっと』

よしりんメール『いや、香川は雨らしい(爆)』



徹夜明け羽田直行のよしりんは、6時過ぎには既に集合場所である第2ターミナルのロビーでくつろぎ中だそうな。
2番手のワタクシ、6:30に羽田到着。
ロビーでくつろいでいる(仮眠ともいう)よしりんと合流(てゆうか、仮眠の妨げ)し、うどん最終兵器そうへいの到着を待つ。

7時に保安検査場Aの前に現れた最終兵器と合流、手荷物検査へ。

私が金属探知器に引っ掛かるのはもはや暗黙のルールというか、持ちネタというか、相変わらず、検査場で丸っこい探知機で全身くまなく調べられた。
よしりんとそうへいさんはスルーパス。
なぜに俺だけなんだろうか。。。



搭乗予定の飛行機が、なんとなんと、高松空港上空の悪天候により、場合によっては岡山空港、あるいは伊丹空港へ降りるかもしれない…なんていう、とんでもないアナウンスを放送しておりまして。

そんな放送を聴きながら、飛行機へ乗り込む。いったいどこへ連れて行かれるのか…
それとは裏腹に、さすがによしりんくらいの旅のカリスマともなると、着席3秒で予告通り爆睡。傍から見ると、仮眠という表現よりも『電池切れ』という表現のほうがしっくりくるほど、首がぐにゃりと曲がったまま眠っていた。

確かに、飛行機に乗っちゃえば、寝てようが起きてようが、あとは操縦する機長さんの言うなり。
私は香川へ行けるという興奮と、ひょっとしたら伊丹行きという不安とが混じっておったわけだ。

おいおい、香川に行きたいのに、伊丹で降ろされたら、1軒目のうどん屋と目している『山越』はあきらめなきゃならんじゃないか!
カンベンしてくれ!
そこまで雨雲は追っかけてこなくていいって!
いや、もう、降ってもいいけど、頼むから香川には行かせておくれよ、お願いしますよ神様!

…の願いはいちおう通じてくれたみたいで、確かに高松上空は分厚い雲に覆われていましたが、無事、高松へ降りたってくれました。



降りたら即、レンタカー会社のブースへ。
マツダレンタカー。
マツダレンタカー高松空港前店は、いままで3回のうどん旅行で3回ともお世話になっているレンタカー屋。
予約した軽自動車がぶっ壊れてデミオを回されて以来、3度目。
3度目もデミオ。前のデミオより型が古いタイプだったけど。

ドライバーは不肖まがら、ワタクシめが務めさせていただきます。
香川の道は任せて安心、ようすけタクシーをぜひご利用ください。

…というわけでextinctsうどん部御一向、一軒目の『山越』目指していざ出発!

アクセルを軽快に踏み倒し、雨を切り裂いて、一路、綾川町へ。文字通りの、山越えなのである。


うどんツアー09序章


うどん記「その2」へすすむ


今回のトピックから徐々に、2009年3月6日?8日に行われた、extinctsうどん部のみなさんによる四国讃岐うどん満喫ツアーを小分けにしてお送りしたいと思います。
というのも、その昔に書いた四国一人旅行記が「長すぎる!」と、筆者の努力もむなしく、全部目を通された読者様はおそらく極少数であることを知ったため、今回は小分けにアップロードしていきます。

それともうひとつ、これまで当ブログで公開していた動画ですが、このサービスが4月27日で終了してしまうらしく、つまりその後はもう、今日以前にアップされていた動画は観ることができなくなってしまいます。

希望者があれば、ファイルサイズを圧縮していないままの状態でどこかにアップロードする形で配布いたしますので、どの動画がほしい・・・等、コメントしていただけると幸甚であります。


ではでは、相変わらず拙い文章と映像ではございますが、空気だけでも3人と一緒に旅行している気分になってこの先のうどん部トピックもお楽しみくださいませ。
スポンサーサイト
うどん部 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<さぬきツアー’09 その2 ?山越、たむら? | HOME | 【行くぞ香川へ】讃岐うどん屋リスト【定休日別】>>

この記事のコメント

冷静に考えるとまだ帰ってきて一ヶ月も経っていないのに、また行きたくて仕方ないのです。そんな感情をさらに煽る素敵な記事ですね。同行者の書く紀行を読むのは楽しいですわ。
2009-04-02 Thu 01:36 | URL | Yoshirin #-[ 編集]
ここまで、旅を共にしたうどにすと3人は、なにかあっちゃあ、うどんの話をたびたびメールしあいましたねぇ。
うむむ、こっちでうまいうどんに巡り合えう機会はごくまれだということを、気付かされた今回の旅行。
まあま、次回からはベースキャンプ(三重県)がありますゆえ、ぜひともご利用いただきたいかと。
というか、extinctsに名前を連ねたメンバーは、三重来訪は強制ね、強制。
あと、香川ツアーも強制。
2009-04-08 Wed 00:08 | URL | ようすけ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。