60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

二泊一日で得たもの。 ?前篇?

ただいま。
帰ってきました。
実家方面から。

疲れまくっていますが、土曜から今日までを、ちょいちょい書こうと思います。



土曜、早朝に家を出て、千葉へ向かった。前日の睡眠時間、3時間弱。
そーりが手術する日なのだ。
事前に手術が一時間早まったことを知らされたが、すまん、一時間早まった開始前に君の所へ赴くのは、無理じゃ。
なので、予定はずらさず、集合時間もずらさずに出発。
本八幡でSizeさん、とりさんと合流して、Sizeさんカーでいざ、彼の戦場へ。

八柱台から、なぜかさらに遠い白井へ、なぜか整形外科ではなく脳外科へ。彼はアキレス腱の手術をするのに。
不安はいっぱいあるもののとりあえず現地へ到着。
なんとなく、手術をするような病院には見えず、それとやっぱり、なぜに脳外科で手術なんだろう…という疑問が解けずじまい。
中へ入って見渡す限り、アキレス腱を切っているような人は見当たらなかった。
そーりも含め。
受付の看護師さん風の人に訊いたら、現在手術中だというので、手術室らしき所が見える長椅子で、三人で座って待機。
ずいぶんと混雑していて、ちょっと驚いた。
『脳外科』なんてマイナーなジャンルの病院にこれだけ人が集まるものなのか。
けっこう大変なんだな、脳外科も。
なかなか姿を現さないので、雑談しながら彼の手術を待った。

それなりの時間経過の後、車椅子に乗ったそーりが手術室から出てきた。
ニッコニコだった。その笑顔から少なくとも、失敗ではないことは読み取れた。
麻酔がまだ効いているみたいで、少しボーっとするというそーりは、用意されていたベッドで休み、我々とだべった。
いつもの他愛もない会話だけど、こういう会話をツキイチでやってたわけだから、彼の迎えた突然の非日常を、いつもの会話で少しでもかき消せれば、見舞に来た甲斐もあったというものだ。
脳外科で手術を行うことになった経緯は、彼の担当医がここの先生で、主治医の都合により、この場所、この日程になったそうだ。
彼の麻酔が切れて、それなりに術後の足が馴染んだ頃、解散となった。
アキレス腱を切った足が左足だったのが不幸中の幸いだった。
アクセルを踏む右足は健在なわけで、彼は自分で車を運転して帰ることができたのだ。
なにはともあれ、そーり、お大事に。



昼飯をファミレスで食べたあと、船橋の中古屋へ。
なんでも屋的な空気が漂うお店を隈なく散策。近頃、この手のお店がどこにでも増えた。三重にもあったし。
あれこれと見て回ったが、最終的にゲームコーナーへ行きつく。
ずっと探していたプレステ1のゲーム『Linda³ again(リンダキューブアゲイン)』を発掘、購入。
三重の同じような店に行った時、探しまくったけどなかったこのゲームを手に入れる。
忙しさが邪魔してまだプレステに火すら灯していないが、これが面白いのはすでに分かっている。
だって、一度クリアしたことのあるゲームなんですもん。
お金のなかったあの頃、日銭のためにうっぱらったことをひどく後悔しましたよ。どこにも売ってないのを見て、また、後々評価されていることを知って、そりゃあ、中古市場に出回るわけがありません。
新品が欲しかったのは当然ですけど、在庫などあるはずもなく。
ともあれ、欲しいものがひょんなところで手に入れることができて、大満足。



帰りの電車は完全に寝オチ。
寝ないように、アサヌマ君から借りた『相対性理論と量子論』って本を読んでいたんだけど、どこの駅からだろう、完全に眠っていた。
気がついたら本を股に挟んでいた。
そして気がついたら新宿だった。あぶねぇあぶねぇ。
乗り換えて、小田急で帰宅。

帰宅は17時頃。
家へ着くと、素敵なものが主の帰りを待っていてくれた。



パンダが俺を待っていてくれたのだ。



ついに背負うぞ、麗しの背番号、1番。
堂々と、1番を背負うのです。



帽子のピンクがちょっと薄いのは気になったけど、なにせ無理を言ってピンク色にしてもらったんだ、仕方あるまい。
ピンク色の帽子は、特注品なのだ。つばの色は白。文字はモッコモコのゴールドで「E」。

着てみる。



ううむ、イカす。
そもそもピンク色がメインになっているので、ピエールとかうちの弟とか、奇抜な方々にしか似合わないんじゃないかと思っていたのだけど、なんだなんだ、フツーにかっこいいじゃないか!!
鏡を見るのは嫌いなんですが、この日ばかりは鏡を見まくってました。
んで、ユニフォームを着たまま、興奮冷めやらぬまま、ユニフォームを作ってくれた業者様に感謝のメールを送る。

しばらく着たままで過ごし、夜になってからは着替えて外出。
最近、町田界隈での30代の飲み会サークルにちょくちょく顔を出す。
土曜はそこで割と大きめの規模の飲み会があったのだ。
8時集合だったはずが、主催者の手違いで9時集合になったということを、電車に乗ってから気付く。
なので町田に到着してから、マジックアカデミーで時間調整。
ドラゴン組のハードルは高く、3試合で2回の初戦敗退。
お陰でドラゴン組から降格し、フェニックス組に編入。
ちょっとホッとしている。
ナントカ賢者ばっかりのところに、初級魔術師がいちゃあいけないと思うのよね、うん。すさまじい解答スピードだもの。
フェニックス組降格後はやっておりません。

良い時間になったので、集合場所へ移動、飲み会開始。
13、14人くらいだろうか、結構な人数でワイワイ飲む。
なんでかしら、飲み飽きたピッチャービールが俺の周りに来るので、さんざんビールを飲み漁る。
スタートが遅いこともあって、一次会でさっさと撤収。
2次会の誘いを強烈な勢いでアタックをかけられたが、包囲網を潜り抜け、帰路へ。すまんな、みんな。
特に俺、カラオケには興味がないのだ。なおさら深夜帯なら、飲み語るほうがいい。
…いや、この日は飲み語るのも無理だ。
だって、翌日の日曜は朝からお仕事で、そのまま実家へ帰省する予定となっていたわけでして。



早起き。この日の睡眠時間も短い。3時間強。
早起きしなきゃいけなかった理由は、荷造りをほとんどしていなかったから。
そそくさと一時間で荷物をまとめ、家を出た。
ちょっとフラフラしつつも仕事場へ。
二日酔いだけでなく、鞄には3日分の着替えと、右手にはスーツ一式、左手にはユニフォーム3着分(#17、#25、#44分)を持って、足には履き慣れない皮靴。3か所の靴擦れができた。今も痛い。

当日の仕事が軽かったのは、これ幸い。ホントにラッキーだったと思う。
寝不足だし、二日酔いだし、これから実家だし、いろんな意味で助かった。

昼前に、しもやんが職場へ来る。彼も日曜出勤だったのだ。
顔を合わすなり、
「早く!!」
と、せかされた。
もちろん、「早く俺にピンク色のアレを見せろ!」の略だ。
こないだトンネルした時が、彼にとって28年ぶりの野球だったわけで、というよりも、大人の野球は始めてだったわけだ。
彼の野球熱を再燃させる、最も効果的でもっとも強烈なアイテムがいま、同じ空間の中にあることを、彼は知っていたわけだ。
幸い、今日は日曜。もともと出勤者が少ない日なのだ。
その中のさらに人が少なくなった頃合いを見計らい、ロッカーから持ち出した。

「かっこいい!!!!」

を連発していたしもやんは、昼食時、休憩室で試着して軽くはしゃいだのち、ハンガーにかけ、高いところできらびやかに輝く背番号17をまじまじと、にやにやと観ながらサンドイッチを頬張っていた。
きっと、味なんて覚えていなかろうが、うまかったことは間違いのないところだと思う。

これ着て早く動いてみたいもんだね。



仕事は定時をちょっとすぎてから終了。
荷物をまとめてさっさと引き上げる。
しもやんにユニフォームを渡したので荷物の総重量は若干軽くなったが、やっぱり重い。
靴擦れの痛みに時折顔をゆがめつつ、鶴川駅まで歩いた。行程20分。
町田のみどりの窓口で新幹線の切符を購入し、横浜線で新横浜へ。
俺のかぶっているピンクの帽子に目線が行く人をしばしば発見。目が合って、気になったお前の負けなのじゃ。ふふふ。
…ちょっと恥ずかしいけど。これが我々の誇るピンク色なのだ、と、言い聞かせてかぶる。

新幹線で席に着くと、間もなく眠くなる。
二日連続で睡眠不足なわけだし、昨今の新幹線はずいぶんと静かで、眠気を誘発するのだ。
でも、がんばる。
アサヌマ君から借りた『相対性理論と量子論』を読んで、眠るのを我慢じゃ。
…舌の根も乾かぬうちに、3秒で爆睡。
今度は本をいつの間にか鞄の上に落としていた。鞄よ、ナイスセービング。
「列車は定刻通り三河安城駅を通過…」というところで目が覚めてくれてよかった。
ほかの電車はともかく、新幹線での乗り過ごしは大変危険だ。相対性理論を軽く実証してしまうほど、時間と空間を捻じ曲げられてしまう。
とにもかくにも、乗り過ごすことなく新幹線を降りることができ、無事、実家へたどり着くことができた。

温泉入浴後、軽くビールをいただく。
お陰ですこぶる睡魔が襲ってきた。
気がついたら、アサヌマ君から借りていた『相対性理論と量子論』を机に広げたまま寝ていたので、そのまま寝床に入った。






後篇へ続く。書いてる今も眠いのだ。相対性理論はないけど、眠いので眠る。また明日続き書きます。…書けるといいな。おやすみなさい。
スポンサーサイト

行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ううむ。 | HOME | Xデイは10月18日。(BlogPet)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。