60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

呪われたポジション ?セカンド受難?

草野球で、セカンドにうまい人を配置するチームはかなり強い…と、経験則から判断している。
内野手を配置する場合はたいてい、こういう順序で埋まっていく。

足が速く、肩も強く、反応速度も速い人は、ショートに配置。
「捕って投げる」ができる人をサードへ。
捕球が上手な人を、ファーストへ。

草野球の場合、この3ポジションでアウトを完成させることが多い。
じゃあ、セカンドはどうか、というと、一塁に一番近いポジション…という位置づけになる。
要するに、来た球を止めて(特別、捕る必要がない)、一塁へ転送する。
一塁に最も近いため、暴投の危険性も少なく、一塁に近いため、慌てなくてもアウトをとれるケースが多い。

なので、特に我々レベルのチームでは、内野志望でも経験の少ない人や、ポテンシャルの低い人を試すにはもってこいのポジション。
なおさらうちのチームには所謂『経験者』が少ないため、「セカンドなら…」と、経験の不足している人をセカンドに配置することが多いわけで。
まあ、簡単に言ってしまえば、仕事量の多いショートと、それなりの送球を必要とされるサード、内野ゴロのケースではほぼ100%アウトに絡むファーストを敬遠し、残るセカンドからスタートするわけだ。

よく、経験不足の人をライトから試す場合を聞くが、これは、私としては反対なのだ。
外野は確かに、特にライトは、打球が飛んでくるケースが少ない。
とはいえ、打球が絶対に飛んでこないわけではないし、いざ飛んできたら、後逸イコールホームランのケースがあるわけで、じゃあ、大事な局面…たとえば満塁でライトに強めの打球が行って、それを後逸したケースが2度あったとすると、つまり、2本分の満塁ホームランを食らうのと同じこととなり、8点を献上してしまうことになる。
外野手の後逸は、大量失点に絡むケースがほとんどなのだ。
内野が後逸をしたところで、後ろには外野陣が控えているわけで、多くの進塁を相手に与えることはない。
それなりに助けてくれる外野陣がいてこそ、内野は思いっきりプレーできるわけだ。
つまり、外野にはそれなりの経験がある人を配置しないといけないわけである。

そんでもって、セカンド。
じゃあ、このポジションはいらないんじゃないか、というと、もちろんノー。
捕って投げるだけのセカンド…そこから野球のレベルが上がれば上がるほど、このポジションは忙しくなる。
一塁方向のゴロの際、その打球の捕球を考えつつ、一塁方向へのカバーも考えて走らなければならない。
自分が捕るにせよ、ファースト、ピッチャーが捕るにせよ、最終的には打者走者よりも早く一塁ベースへボールを運ばねばならないわけで、所謂「投内連係」のキーマンは、セカンドなのだ。
同時に、ダブルプレーのかなめとなるのもセカンド。
6→4→3も、4→6→3も、セカンドの動きがいかにダブルプレーを完成させるかの確率を左右する。
また、内外連携も、セカンドがキーとなる。
打球を処理する外野手と、ランナーの位置関係でどこまで追うか、どこへ返すかを瞬時に判断して、周りに指示する大事なポジションだ。

つまり、セカンドがうまいと野球のレベルは勝手に上がってくれるのだ。



ここ数試合、どうもこのセカンドに配置された人が、難を示すケースが多い。
なんでもないフライを落球したり、正面のゴロをトンネルしたり、近いはずの一塁へ暴投したり。
もちろん、基本練習が不足していることは否めないが、ここまで続くと、呪われているんじゃないかとまで、正直思っていた。
…で、先日の試合。
都合により(外野手不足のため、とりさんをライト、ピエールの『また』骨折など)、そーりがセカンドへ。
運よく、とらちゃんが久しぶりに来てくれたので、キャッチャーをそーりととらちゃんの二人から選べる贅沢な布陣となった(いつもキャッチャーに苦労するのだ)。
その二人の中で、ほかのポジションもそれなりに守れるのはそーりなわけで、そーりもセカンドなら経験がないわけではないし、受諾してくれた。
多くは求めていない。それこそ『捕って投げる』だけのセカンドで、充分なのだ。

ところが、そーりに災いが降りかかった。
3回裏の守備だったか、なんでもないフライを、そーりは落球してしまった。
それが『災い』ではない。
その捕球の際、彼は左足首を痛めて、無念の途中欠場となってしまったのだ。

イニング終了後、彼の左足首を診た。
血が出ているわけでもないし、腫れ上がっているわけでもない。
ただ、本人はかなり辛そうな表情を浮かべる。
とにもかくにも、患部を冷やし、試合が終わった後、放置せずに病院へ行くことを勧めて解散した。

試合日の夜、私のもとへ連絡が入った。
アキレス腱を切っている、という診断結果だったそうだ。
腱を切ると「バチン!」という、かなり大きな音がするのだが、ショートの富永さんもファーストの私も、その音を聞いていなかったので、勝手ながら『アキレス腱断裂はない』と思っていた。
素人の診断とは、いかにあてにならないものかを知った。
月曜に精密検査をして、その結果、やっぱり腱を切っているようで、土曜に手術をすることとなったらしい。

彼は運よく、掛け捨てのスポーツ保険に入っていたため、手術含めた治療費に憂うことはないが、何かと物入りだろうし、友人として、協力できることはしたいと思う。
ヤンヤンが骨折した時のように、近く義捐金を募る告知をみんなのもとへ出すことになると思う。

保険、今年入ってなかった人は、来年は考えておくように。
強制にしたほうがいいんじゃないかとさえ思う。

なんにせよ、彼の早期回復を祈ります。

ううむ、俺が監督をしている時代で、大けがした人がいっぱい出ちゃったなぁ。。。

活動中、活動外を問わず。

ピエールの骨折は、これはもう、ネタなんじゃないかと。だから除外。
何回目だよ、あんた。。。



誰か、早いところセカンドの呪いを解いておくれ。

セカンドはまかせたぞ、しもやん。
スポンサーサイト

脳内メモ | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<We need pink ! | HOME | コルセット(BlogPet)>>

この記事のコメント

断裂してたか・・・
色々と調べてみたら、職場復帰には早くて1ヶ月以上かかってしまうらしい。
一度人を集めてお見舞いに行こう。
2008-10-08 Wed 10:12 | URL | とりすけ #NEyi6E9.[ 編集]
やりてぇ。

そーりにはよろしく伝えてください。
2008-10-08 Wed 22:01 | URL | 47 #u81WfIZg[ 編集]
すんげー痛いらしいです。
今は医学の進歩で走る事も出来る
そうですが 無理は禁物です。
先日腰をやりまして、人事ではありません。
お大事に
2008-10-09 Thu 20:50 | URL | #17 #-[ 編集]
>とりさん
そうなのです、断裂しておりました。
落球はしゃあない、でもやっぱり怪我はしんどい…
ヤンヤンに続き、活動中の大けが、2人目ですな。
活動外に目を向けても、けが人は結構出ておりますし。
あなたも脱臼いたしましたしな。
ともあれ、以降、そーりの経過観察をしっかりやっていきましょう。
明日は我が身、準備運動はしっかり。

>#47
セカンド、頼むぜ。
とはいえ、息子さんの活動で、しばらくはなかなか活動に参加できないだろうけど、隙あらば来てくだされ。
せめてどこかでキャッチボールでもしたいものですな。
おたがい、平日に空き時間があれば、ちょちょいとキャッチボールやりましょう。
もちろん、そのあとにビールでも。
川越はうまいビールがあってうらやましいです。

>Extincts#17
セカンドの呪い、いまだ解けず。
解くカギは、貴方だ。しもやん。
ゲッツーで呪いを解除してくだされ。
月曜、いろいろと根回ししといたので、あなたは金井へ帰れず、金井公園のほうへ強制連行。
同じかないでもエラい距離の差だ。
右のグローブ、持ってっとくから。待ってるからね~。
2008-10-11 Sat 02:11 | URL | ようすけ #Zk.h..Io[ 編集]
自分では意識する間も無く最近強制連行されやすい性質変化を遂げておる私#17たまにHIRANO
2008-10-12 Sun 01:47 | URL | Extincts#17 #-[ 編集]
明日、待ってるぜ。
しまったな、キヤマさんと接触すんの忘れた…
どうにかして連絡取らなくちゃ。
再来週あたりから、HIRANOのユニフォームじゃなくなると思うぜ。
ピンク色の(略
2008-10-13 Mon 00:20 | URL | ようすけ #Zk.h..Io[ 編集]
まぁ大変。
でもその後の情報では入院は回避されたそうで。
何より。

あぁ、そういえば、今月そろそろ記念日だ。
その節はお世話になりました。
2008-10-13 Mon 01:47 | URL | やんやん #ILnYFO8M[ 編集]
いやあ、その節はお世話しました。
忘れもしない、中越地震の起こったあの日、10月23日。
救急車がすごい勢いでグラウンドに乱入してきたなぁ。
ほんと、今思えば、あそこでやめないでここまで付き合っていてくれて、ほんとよかったよ。
ありがとう。

そーりには、無理せずゆっくり直していってもらいたいね。
腱はやっちゃうとけっこうややこしいらしいし。
完治したうえで、そーりとヤンヤンと、グラウンドで暴れたいわけです。
でもたぶん、ソールの回復は間に合わないね。おれのリミットには。
ちうわけで、二人分、頑張ってくれい。
2008-10-14 Tue 02:01 | URL | ようすけ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。