60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シャア「黄色いヤツが出てきただとっ!?」【注:食事しながら見ないこと】

どうも。
久方ぶりに、日記と向き合っている私です。

先週は、働いてました。ええ。
先週から、新人君がひとり立ちと言うことで、ラインを一つ増やしました。
なので、残業も減る…はずです。
今まで一人少ない状況でまわしていたんですから、残業はそれなりにあったわけです。
私は残業少ないほうなんですよ。
イヤなのよね。
残業代を稼ぐために、終業までコソコソと休憩室に隠れてみたり、外務に出たっきりなかなか帰ってこなかったりするのを見てるから。
なんつうか、つまり給料泥棒って言うか、時給と言うシステムの落とし穴を利用しているのを見ると、みっともなく思うのです。
そんなんせんと、すっと上がって見せれば評価も上がるし、そんでもってベース給上げるほうが、得だと思うのよね。
管理職の人たちは、そういうところだけはきちんと見てるものよ?
…と、つまらんグチから入りましたが、要は私、拘束されてる時間が短いほどいいのです。
早くストレスから開放されたいの。
なにやっててもストレスと言うのは溜まるものですが、ならばなおさら、自分の時間を増やす方向で。
自分の時間内でたとえ寝てても、随分有効。
寝ることはメッチャいいことなのです。
やることあるときだけ、寝る時間に制限を掛ける方向で。

今年の目標の一つでもありますが、残業ナシの方向で、これからも頑張りたいと思う所存。
ライン増やしたのも、ソレが狙い。



日曜。
ちょいとサワリだけ書きましたけど、SGリーグの代表者会議と言うものに出席しました。
みんなからもちょいちょい出てた話だけど、SGリーグは『最弱』の略称であるはずなのに、強いチームがちょいちょいいることが多少問題視されておりまして。
…で、今季から新たに参加するチームも含め、2部構成の4リーグに分かれました。
うちは、新しいチームが3つ入るリーグに所属。
交流戦的に他のリーグのチームと試合をするケースが3回ありますが、他リーグとの試合は必要かとも思います。
完全に隔絶されると、それこそ実力差がわからないままのチームがリーグに存在することにもなりますし。
んで、その交流戦3チームのなかに、ヴァリアスさんがいることも、プラス材料。
ヴァリアスさんは、もう一個の2部のリーグにいて、そのリーグのi-Fsの交流戦の相手としてヴァリアスさんと対戦することが決まりました。
リーグ参加2年で唯一勝っているチームですので、ここはひとつ、連勝といきましょう。

にしても、日曜は寒かった。
ズボン下穿いてなかったら、マジで凍死してたわ。



月曜。
職場で飲み会。
しかも、職場の中で、飲み会。
年末年始の目標達成慰労会らしく。
んで、うちの部署からの参加者は、ゼロ。私を除けば。つまりそういうテンション。んま、いいんだけど。
仕方なく参加。というわけでもなく、仕事あがって早速ビールを呑めて、しかもたったの500円というのだから、いっとけいっとけ。
がしかし、月曜は忙しかった。
近所の高校が修学旅行から帰ってきたみたいで、沖縄からの荷物がどっさり。
生徒さんたちの家々に、すんげえ数の荷物が到着していた。
それを超ダッシュで配ってきて、宴が始まった頃に滑り込み参加。
んで、なんだかしらないけど、その宴席に結構偉い人…ってかかなり偉い人が来ていて、なぜか気に入られて、翌日に違う支店である飲み会に参加しなさい、なんて誘われた。
翌火曜は夜勤。
…が、偉い人パワーが発動したわけではないんだけど、ソレらしきことですんなり休みを変わっていただけたのだ。
というわけで、火曜は休みになる。
飲み会で余った缶ビールをいくつかかっぱらって帰る。



翌朝、火曜。
気分が悪い。すこぶる気分が悪い。
二日酔い…!?とか思ったけど、たかだか缶ビール500ml4本くらいで、こんな酷い二日酔いになるわけがない。
二日酔いの諸症状は軽くあるものの、とにかく吐き気が酷くて。
布団に横になって我慢してはいたんだけど、『これはヤバイ』と限界値を超えたとき、トイレへ駆け込んだ。
胃の中身なんて何にもないんだけど、とにかく胃はなにかを外へ出したがるのですよ。
しばらく自分の胃にお付き合いして、トイレで嗚咽を漏らしていると、黄色い液体が。
いやあ、もう、久しぶりに酸っぱい感覚ですよ。味覚も嗅覚も、心も酸っぱい。
これは風邪なんじゃないかと思い、熱を測ってみたところ、37,8℃。
風邪です、これ。
年末に流行った『胃腸風邪』なるものに、年を越した今更、罹ってしまいました。

とにかく、胃が空っぽなのがつらくて、チョコレートとか食べるんですけど、残念ながら数分後に全部外へ出て行くのです。
食べても意味がないし、だからといって胃を空にしておくと、もどす時に辛いし、なのでとにかく水ばっかり飲んでました。
昼を過ぎた頃に組合長から電話で連絡を受けたのですが、ありのままの現状を説明したら、「無理しなくていいよ」というお言葉を頂きまして。
まあ一応、夕方にもう一度連絡して、行けそうだったら行って、ただしお酒は呑まない方向で…ということに相成りまして。
でも結局、体調不良は半日で回復することが出来ず、会合には無念の不参加。
(今日、会合へ行った人に話を聞いたところ、うちの支店ではありえなかった豪華料理が振舞われたらしく、超凹んだ)

おうちで、お布団の中で、ケータイいじるのが精一杯。
なんかゲームでもダウンロードしてやろうと思って、落としてきたのが『天地を喰らう』(カプコン)。
RPGやりたくなって、探してて、んで、懐かしくなって落としてみた。
確か、中学生くらいのときにやった記憶があった。ファミコン。
ただ中学生だったその当時でも三国志に対する歴史的解釈がむちゃくちゃであるという印象があって。
んで、この年齢で改めてやってみると、ぐだぐだ感、大。なんなんだ、この緊張感もなく、抑揚のない展開はっっ!
歴史的解釈云々よりも、そっちのほうが気になる。



悪いやつがいます、やっつけてください

  ありがとう、リュウビさま

    リュウビさま、どうか私を兵の端においてくだされ

     はい
    >いいえ

   そこをなんとか

    >はい
     いいえ

  ありがとう、リュウビさま



……。

もすこしやりようがあっただろうに…。

…で、たぶん、歴史の時間軸が変だから、死ぬはずの仲間が死ななかったり(ここはRPG特有の『仲間がシナリオの都合でいなくなる』というのを避けた嫌いがある)、そのくせ敵側はキッチリ死んでいったり、最後の最後に蜀が中原を統一して大団円を迎えてしまったり、と、他にやりようはなかったのか的展開がまっているはずなのだ。

やってて思い出した。

じゃあもうやらないのかって言ったら、いやいや、きちんとやりますとも。
たとえ何百円とはいえ、払ったんですもん。

これをやってしまったせいで、RPGじゃない三国志のゲームがやりたくなってきた。
やりたくなってきたけど、あれはやり始めると随分時間が掛かるので、考え中。。。



今日は雪の中、お仕事してきました。
体調不良はまだ続いている(昨日ほど悪くはないけど)のに、ぶりぶり頑張って、定時で終了。
気を張ってればなんとかなるもんですね。

帰ってきてから、MXTVで『水曜どうでしょう』を鑑賞。
今日は四国八十八箇所お遍路パート2の第2週目の放送。
レンタカーで寺を回って、合間合間にうどん。
やっぱりうどん。旨そう。
そんな今日の夕餉は偶然にもうどん。
2杯も食べてしまいました。
来る四国巡礼に備えて、胃を拡張しておこうと企んでいる私です。
一杯でも多く、旨いうどんを喰らってやるのだ。

…でもまだぜんぜんプラン練ってないや。こまったな。
もうね、どうやらレンタカーで移動しないとだめだと言うことが、方々の取材でわかったので、諦めました。日中からビール呑むのを。
ひとり旅ゆえ、車を運転するとなると、お酒を呑むのは夜しかないわけで。
本日の宿を押さえたあと、繰り出すと言う形に。
でもねえ、俺は一度だけ四国に行ったことがあるんだけど、そこ(高知県南国市)は、夜の7時になると真っ暗になっていたわけですよ。
コンビにもねぇの。
そういうイメージがあるから、一応、宿をとる場所はそこそこ栄えている場所にしないとね。
うっかり田舎町に宿泊しようものなら、車は停めたが呑む場所がねぇ!なんてことになりかねない。

2月2日の新年会で、よっちゃんに相談だ。

…さて、天地を喰らうをもう少し進めてから、寝よう。
物語中のどこで姜維が登場してくるのかが気になるのだ。だいぶ後なんだろうけど。
スポンサーサイト

行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<予定がたくさん埋められていく快感。 | HOME | 迷走(BlogPet)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。