60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

始まりは終わりのあとに

なにかが終わったあと、それはつまり、なにかの始まりを意味する。



2007年9月30日。

自分の日常をテキトーなペースでまったり更新していた日記スペースが閉鎖することになった。
2004年の4月から書いていた日記。
一日単位ではそんなに感じなかったけれど、束になって積み重なった日記を読んでみたりすると、あれこれと思い出したりして。
無意味に書き続けていた2次元の文字日記も、こうやって振り返ると、自分がここまで生きてきた足跡がなんとなく3次元になって見えたり。

日記スペースの閉鎖とともに、このまままたインターネットという世界からもう少し離れてしまおうか……と思ったり、いやいや、まだ続けていくべきだ……と思ったり。

自分以外の人間にとってはどうでもよい逡巡を繰り返し、結局、続けることにしたのだ。
(…だからこそ、ここになにかを綴り始めたわけだけど、読者諸君、そこは黙殺しなさい)



てなわけで、初めまして。

前のページから続いてご覧の諸君(そういや誰にも閉鎖前にここのURL教えてなかった…汗)、待たせたな!…な?んて。

このページになにかを綴る私のテンションはきっと、前の日記と代わりません。
ただこのブログから、前回の『行動記』にあったような、美しき無駄な日々を綴るだけでなく、美しき無駄な考えも書いていこうかと思っています。

私はよく考え事をします。
というか、なにかに集中している場合や誰かと話している場合、そして眠っている時を除いたほとんどの時間、考え事をしています。
特に、傍から見ると『ボーっとしている』状態のときは、だいたい脳内で何らかの会議が行なわれていることがほとんどです。

それって、みんな同じなんだとずっと思ってました。
だけどどうやら違うと言うことが、近頃、友人や家族との会話の中で気付いたのです。

「考え事って、何を考えてるの?」

そんな話題になったとき、こういう言葉を投げかけられることがよくあります。
でも、その問いかけに、上手に回答できないんです。

それはまるで、夢と同じ感触。
夢は見たあと、見たことだけを覚えていて、その内容の詳細は忘れちゃってる。
私の『考え事癖』も、そんな感触なのです。
だって、考えてることのほとんどが、生きていくには然して必要のないことですもん、そりゃあ忘れちゃいますよ。

だから今度から、そういった『考えたこと』を、出来る限りここへ記して、文字として定着させようかと思っています。

それが、前のページとの差。

とかなんとかいいつつも、結局のところ、前の日記と大して変わらないんでしょうな。
『カテゴリー分けが出来る』というブログ機能があるからこそ、内容の明分化をしよう、と思ったわけで。

でも、前のところが終わったのは事実。
2007年10月1日を迎えた時点で、前のページのURLをブラウザに放り込んでも、あのデニム柄のページはもう、出てこないわけで。
郵政民営化と一緒に、『過去』という彼方へ消えたのです。

ここは新しいところなのだ……と、いちおう、書く側の私としては強く意識して、ここを構成していきたいと思います。


…ってな御託はさておき、改めてヨロシク!
今日のラッキーおつまみ:タラタラしてんじゃね?よ

taratara


裏にはこう書いてあります。

エスニックでピリッとキメました!
ひとくちつまんで叫びましょう
『タラタラしてんじゃねーよ!』



割りとおいしいです。
スポンサーサイト

テーマ:ブログはじめました! - ジャンル:日記

あいさつ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。