60% water

ヒトのからだの60%は、水で出来ている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Negative melancholist , go POSITIVE !!

無意味にハイテンションな私です。こんな夜更けにこにゃにゃちわ。
久しぶりに一人和民を敢行し、ちょっと気分が乗っている私です。
実はさっき、書いてた文章が更新ボタンを押したら全部消えてしまったと言うハプニングに見舞われたばかりですが、めげずにもう一回書いてやるのです。チクショウめ!
…でも短めにしますね。寝たいし。



マイル、やっと使い先を決めました。

2月26日から2月28日の3日間、四国へ行ってくることに、さっき決めました。
羽田発、高松行き。
…高松って、香川県でよかったよね??

JALの特典マイルキャンペーンとかで、2月末日までの搭乗券なら必要マイルが12000マイルで交換できると言うことを知って、なので2月26から3日間にしてみました。
思いつきで取っちゃったチケットなので、曜日とか全然気にしてなかったんですけど、まあいいや。
これだけ先なら、休みも取れるだろうし。

『本場の讃岐うどんを食べる』以外はノープラン。足も、宿も。
道後温泉とか行ってみたいかも。
もし行くとなれば、さすがに予約は必要か。
3日間の予定なんだけど、4日間に変えたほうがいいかなぁ…と悩み中。
でも、四国って正直、4日も面白さが保つのか??甚だ疑問。
まあ、いいや。どうせ一人旅、気ままなほうがいいのだ。
とりあえず四国のガイドブックとか、買わなきゃ。



んまあ、のっぴきならない事情でネガティヴな日々がここしばらく続いていた私ですが、よくよく考えれば、くよくよしたってしゃあないわけで。
泣いても笑っても、時間は進む。
ならば日々を楽しんだほうがいいじゃないか、と。
というわけで、スイッチを切り替えてみたのです。



今日はわけもなく一人和民だったけど、もし誰か、あしたの大晦日に飲み会やるぜ!ってな情報があれば、呼んでくれれば駆けつけまするよニンニン。…そんなに遠くなければ。
だってねぇ、一人で年越しなんて、なんか、ヤじゃない?
しかも2年連続だし。ああやだやだ。
だけど明日の大晦日は遅番。そんでもって、元旦は早番。むむう。
でもでもでもでもそんなの関係ねぇ!
0時になった瞬間、「あ はっぴぃ にゅー いや?ん!」とか、言いたい。寒くとも、言いたい。

一人だったら、まあ、それなりに楽しむ手立てを、明日仕事しながらでも考えてみるべ。うむ。

さて、寝よう。

寒いですなぁ、今日。
Negative melancholist , go POSITIVE !!…の続きを読む
スポンサーサイト
行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

報告

お義父さんはかなり難しい状況だと言うことを、自分の目で確かめることが出来た。
見舞いに行ったその日から痛み止めの薬を代えたせいで、比較的状況が良かった一昨日から一変、昨日は随分痛かったみたいだ。



朝に自宅を出て、昼前に妻と名古屋駅で合流。
こっちは比較的穏やかな天気だったのに、名古屋はすこぶる雨だった。
痛み止めのくだりを聞き、お父さんの状況が多少良くなるまで(薬の効き目が落ち着くまで)、昼を食べるなどして名古屋駅の地下街で時間を潰した。
久しぶりに『あんかけスパゲッティ』を食べた。
あんかけスパも名古屋名物。
案外、名古屋名物って多いってことを、名駅地下街をうろついてわかった。
この『地下街』もまた、名古屋名物。
この日はいつも以上に、やけに地下街がごった返していた。
御用納めの会社がちらほらあったみたいで、昼食を摂った店ではあちこちから納会の会話が、名古屋のイントネーションで聞こえた。
こちとら、病気の具合を話しているというのに。



午後、病院へ。
以前、沖縄で会った時に比べてやつれているのは当たり前。
むしろ、自分が想像していた状況よりは、酷くはなかった。
ただ、『新しい薬』と呼ばれていた痛み止めは、あれはモルヒネだ。
「便が全然出ない」と言ったお義父さん。
お腹を蝕む癌が腸に悪影響を及ぼしているのか、それともモルヒネの顕著な副作用なのか。
どちらにしろ、つらい状況に代わりはない。
でも、言葉ははっきり喋るし、多少の食欲もあるし、変かもしれないけど、少しだけ安心した。
体が痛くてなかなか眠れないらしく、話をしながらあれこれと体勢を変えていた。
この喩えは変かもしれないけど、歯が酷く痛いときや、強烈な偏頭痛をくらったときって、一つの姿勢のままでいられない。
あんな感じなんだろうか。
どうしても『疼痛』と聞くと、歯痛か頭痛を連想してしまう。
話している最中にも疼痛が強くなったみたいで、座薬を入れてもらった。
それで幾分か落ち着いたみたいで、そのまま浅い眠りに入った。
眠ったのを見て、妻を置いてそっと病院を抜けた。



実家へ帰った昨日は結局、一泊することになった。
疲れたのだ。

実家へ到着したのが17時ごろ。
理由はともかくとして、1万強も出して名古屋へ出てきたのだから、そこから電車で20分のところに寄らないまま帰るのもおかしい。
正直、あのまま神奈川県方面へ帰ってしまいたいほど、病院を出たときの自分は疲れていた。
だけど、実家のみんなも私が帰ってきているのを知っているし、とりあえず、顔を出しておこう、と。
だけど、せいぜい2時間くらいしか居られないのだ。
19時にはここを出ないと、帰るのが終電級に遅くなる。
次の日は早番だし、前の日はあまり眠れなかったし、きちんとした睡眠を摂らなくちゃいけなかった。

ヒラノ薬局へ到着。
ケータイの充電が早くもなくなりそうなので、弟の充電器を借りて、充電。
そんな折、ケータイへ一本電話が入った。
仕事先からだった。
用件自体は大したことではなかったんだけど、職場に繋がったついで、翌日のシフトを変更できないかどうかを打診してみた。
朝からではなく、午後からのシフトにしてもらえば、ここで寝てから帰れる。
結果は良好。泊まれることとなった。



平野家は、明るい。
ついこないだまで癌を宣告されたにもかかわらず、今こうやって宅を囲んで、談笑して食事をすることが出来る環境があるわけで。
無論、がん告知前の団欒と、今の団欒ではわけが違う。
崩壊寸前だったのを、奇跡的に戻したのだから。

私が長島で一泊することを知った妻は、病院から帰ってきたあとに顔を出した。
妻にしてみれば、今までの彼女の人生の中で今がもっとも恐ろしく、淋しくて苦しい時期だろうと思う。
平野家は、癌から生還した人間が二人も居て、その人たちが団欒の中心となっているわけで。
もちろん、癌による爪痕は二人とも負っていて、東洋は声が変わってツバが出ないし、月ちゃんは、白血病を克服するために投与した抗癌剤の副作用による心臓病を患っているわけで。
それでも、生きている。今ここで宅を囲んで笑っているのだ。
妻からすれば、覚悟も出来ていたことだし、そのための思い出作りもしたことだし、あとは精一杯サポートするしかないことはわかっているだろうけど、それにしてもこの席は、あまりにしんどい席だったんじゃないかと。
そんなことを少し気に掛けていたからなのか、随分お酒を呑んだのに、私はあまり酔っていなかった。
弟はだいぶ酔っ払ったみたいで、自分のケータイを忘れて酩酊状態で家へ帰った。というか、奥さんに連行されるように帰っていった。

妻があの団欒をどう思ったのかは、本当のところ、わからない。
だけど俺が逆の立場だったら、不埒にも呪うようなことを思ったのかもしれない。



団欒が終わったあとは妻とそれなりに今後のことを話した。
結局妻も、平野家へ泊まっていった。
ひょっとしたら、ここのほうが少し楽だったのかもしれない。
私に出来る事といえば、妻がしたいように、出来る限りしてやる、ということくらい。

仲がいいんだか悪いんだかわからない、微妙な距離感の夫婦関係に変わりはないんだけど、かたちはどうあれ、ちゃんと婚姻関係を結んだ夫婦なのだから。
出来る限り、抱える問題は共有したいわけで。
少なくとも、俺は。



朝起きて、朝ごはんを食べて、家を出た。
自分の家には帰らず、大した用意もないまま、職場へ。
奇跡的に定時で終了。
家へ歩いてる最中、雨が降り出した。
傘も持ってないので、鶴川駅近辺で雨宿りして、小降りになるのを待ってから家へ帰ってきた。

家へ帰ってきたら、2階の窓が開いたままだった。
特に何か物取りをされた様子はなかった。風を通しておこうと窓を開けたまま家を出てしまった私の不注意だったのだろう。

開いていた窓をぱたんと閉めると、いつもよりやけに静かな家となった。
行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あなたにあげる。

年の瀬のせいか、忙しい。

忙しくなるのと同時に、我が部署にも待望の新人が入った。
自分が入って以来、誰も入ってこなかった部署に。
つまり、私に続く新人なわけだ。
5月末日までの限定なんだけど、どうあれ手が増えるのは歓迎。
俺の時間を返せ!ってな職場、働き手が増えるのは、大歓迎。
…だけどもなぜか、『二番目に新しい』はずの自分がその子の教育係となり。

つれて回るのです。仕事を覚えていただくため。
特別難しいことはしてないんだけど、ただこの部署は他の部署と比べると、覚えなきゃいけないことがかなり多いの。
なので、彼がパンクしないよう、順番に教えてはいるんだけど、でもでも年末進行は新人クンのスピードを待ってはくれず、最悪、忙しくなってくるとハンドルを自分が握り、仕事の大半も自分が背負っちゃう。
研修なのに、これじゃあイカンとは思いながらも、とはいえ、新人研修のためお客さんに迷惑掛けるわけにもいかず。

…で、今日もまた『間に合わない!』と判断した私の脳みそが下した決断はやっぱり、作業のほとんどを自分がやって、新人君は、お手伝い。
研修としては最悪。覚えなきゃいけない部分の大半を、自分がやっちゃうんだから。
だけども仕方がない。
『仕方がない』というキーワードで自分の力量不足に言い訳し、各家々を回って仕事を続けた。

ムカムカした。
新人君が出来ないことにではなく、自分が上手く立ち回れないことについて。
そんなときに限って、トラブル続発。
仕事先に行っても、お客さんが在宅してない…とか、仕事の聴取をした人が間違った住所でこちらへまわしてきた…とか、とにかく、焦る要素が積もりに積もって。
尻拭いする役目のはずが、どんどん状況を悪くして、あれこれ不安そうな新人君にすら気を回せない状態に。

そんな心模様で向かったその日の最後の仕事。

母子で実家へ帰省するのであろう、大小の荷物が出てきた。
ここを上手く纏めれば、なんとか間に合う。
早口で捲し立てて迅速に処理して、なんとか間に合わせようと余裕なく頑張っていたそのとき、玄関へ、子供が現れた。
4歳くらいの小さな女の子。
18時過ぎなのにもうパジャマを着ていた。

女の子は、仕事の様子をまじまじと見ていた。物凄い近くで、見ていた。文字通り、まじまじと。
知らない子供がこちらを見ていると、なんとなく緊張してしまうのはたぶん、自分だけじゃなかろう。
でも余裕はやっぱりなかった。子供はそういうの、敏感だから、怖がったりしないだろうか。
…なんて、わけのわからん心配をしながらも、新人君をあごで使い、なんとか処理を終えた。
…で、挨拶もそこそこに荷物を持って引き上げようとしたそのとき、

「これ、あなたにあげる」

って、女の子からなにかを差し出された。
不意に受け取ってしまったそれは、とってもかわいいものだった。



きっと保育園でこの子が頑張って作ったであろう、折り紙の、名も無き黄色い花。

「これ、ホントにいいの?」

「うん、あげる」

ついさっきまで殺気立ってた自分が、ウソみたいにホンワカした気持ちになった。
預かった荷物よりも大事に、壊さないように持ち帰って来た。
仕事場からの帰り道も、カバンの中に入れちゃうと萎れちゃう気がして、手に持って、歩いて帰ってきた。

妻のいない家へ帰ってきて、部屋に飾った。
いつだったか、ふらりと寄った町田の雑貨屋で手に入れた、クリスマス限定のベルギービール。
その空き瓶に花を生けて、飾ってみた。



ビール瓶に生けてしまったせいか、少し不細工な一輪挿しだけど、それでも充分、見慣れてしまった部屋に違う空気が生むことができた。
子供のいない家に、こういう空気はできないもの。
そういや、いつのまにかクリスマスが過ぎていたことにも、いまさら気付いた。

花は人の心を豊かにするものです。

気持ちを込めて紙を折った此花は、腐ることを知りません。

メリークリスマス。
あなたにあげる。…の続きを読む
行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

正直に言うと、

家の据え置き型の電話、通称『宅電』。
光通信になったばかりの宅電が鳴ると、ドキッとします。

今日も一本、電話が入りまして。

悪いニュースでした。
こんなことなら、この連休中に一度帰っておくべきだったと、かなり後悔。
実家から遠いのが、やたらもどかしく、ぴりぴり感じる、ここ2年。
生きることの難しさ、生きるための機能の凄さをびしびし感じる、今日。

次の一報を受けるのが、正直、怖いのです。
突然、良くなってくれはしないものかと。

ああ、宅電のケーブルを、抜いてしまいたい。

…そんなことしたらゼッタイにいけないんだけど、この感じたことのないプレッシャーに、勝手に押しつぶされそうになってます。

というわけで、徒にうちの宅電を鳴らさないでください。
正直に言うと、…の続きを読む
脳内メモ | コメント:0 | トラックバック:0 |

練習(BlogPet)

楊楊は、更新へ期待するはずだったみたい。
でも、きょう楊楊はあるすきゅるは練習したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「楊楊」が書きました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

光市民になる。

工事完了、サービスの変更も完了して、ついに我が家へ光を導入。

ODNのサポートセンターは、最悪でした。
結局、サイトが修復されたのは、工事完了から一日後。
なのでケータイのPCサイトビュワーでODNへつなぎ、ちまちまケータイでサービス変更の登録を。
エライ時間掛かりましたとも、ええ。
朝になっちまいました。

とにかく、無事に工事は開通、晴れて光市民。
…光になってなにがどういいのか、残念ながらイマイチわかってない(パソコンの速さは全然かわんない)のですが。
あとはADSLのモデムを返送するのを忘れないようにしておかないと。



今日からなぜか4連休。

今日(つかもう昨日か)、i-Fightersの忘年会で、去年も行った蒲田のニイハオで羽つき餃子を食べてきました。



美味しかったけど、食うペースがなにぶん遅くて、ビールばっか呑んでたら、なくなっちゃった。
今度、個人的に行こうかしら。安いし。

んで、おなか減った状態で帰ってきて、特に何か食べることもなく、今に至るわけですが。
なんかねぇ、眠れないのです。
だから眠くなるのを待っている最中なんですが、久しぶりに眠れません。
ま、いっか。休み続くし。

明日、忘年会的な行事に呼ばれたのですが、雨だし、寒いし、新宿だし、餃子じゃないし、お金あんまりないし、ううむ、消極的。

とりあえず何か食べながら考えようかと思います。。。




…てなわけで、ネット開通したので更新再開しますです。またヨロシク。
行動記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

明日に向けての不安と期待。

腰痛は一向に良くなっていない私です。良くなるはずもありません。
んまあ、明日が休みなので、少しはマシになるんじゃないかと。

…で、ですよ。明日。
明日、なんと、午前中からおうちに客が来るのです。
NTTの人が。
光導入のための工事をしにきてくれるのですよ。ええ。
だから明日から私は光市民になるのです。
…………たぶん。

いやあ、超不安。
アタシ、ODNってとことプロバイダ契約をしてるんです。
んで、今日の午前中に、「光に代わるよ」って電話で連絡したのですよ。
「サービスの変更はお手持ちのパソコンで、ODNのホームページからできます」
なんて、気のよさそうなおっさんから言われたのです。懇切丁寧に。
だけど、だけどね。
件の契約変更サポートページを開くと『ただいまメンテナンス中です』って。
仕方がないので、仕事へ行き。
んで、夜と言うには更け過ぎた夜に帰宅し、いま、繋いだのですが…
まだメンテナンス中でやんの。けっ。

…ってか、大丈夫なのかしら。そんな状態で明日の午前に工事してもらって。

いちおう、ここ更新したあとにまたODNのページに繋いでみるつもりだけど、それでも無理で、突然明日からネットできなくなったりして。
明日から更新が更に滞ったらゴメン。
んま、ケータイがあるからなんとかなるはなるんだけど。
ケータイからだと日記更新は正直しんどい。



午後は忘年会。
『ぼうねんかい』は漢字で『忘年会』って書くけど、いろいろ思うと、実は『忘念会』のほうがいいんじゃないかと思うわけです。
だいたいは『年忘れ』的な会だよね。どこもここも。
ならば忘れるものは『念』でしょう。『年』ではないよ。
起こった出来事は、たとえ小さくても忘れちゃいけないと思う。
忘れるべきは、そのときに一々沸き起こった自分のつまらない感情だったり。だからこそ『念』ですよ。うむ。

ってなわけで、明日は思いっきりぶっ壊れてきます。
久しぶりに赤いベルボトムを無理矢理穿いて参戦してやろうかしら。無理すぎるかしら。
明日鏡を見て決めよう。
女の子は一人も来ないのに、無意味に頑張ってみるのだ。
ここの職場も下手すりゃ来年やめちゃうかもしれんわけで、やれるだけのことはやっとけやっとけ。
目立っちゃお。給料日前でさっぱり金ないけど、一次会だけで壊れてみせる。
腰には充分気をつけるけど。



やばくなってきた。
ヘタすりゃ、年越せないかもしれないっぽい。
今のうちに喪服を実家方面へ送るって言い出した。
俺は、超反対なんだけど。そういうの、イヤなのは、なんとなくわかるよね。
でも、ナーバスな妻を見ると、それをダメといえない俺の弱さ。

先日、沖縄へ行ったその数日後、『ヨヘナ』姓を守っていた叔父さんが亡くなったのよ。
…で、うちの母ちゃんが、叔父危篤の報を聞いて名護へ行ったんですよ。
母ちゃんは予め喪服を持ってこうとして。
それを東洋が『たわけ!』と叱ったわけで。
んでも結局、叔父は亡くなって。
「ほらやっぱり、お母さんが言ったとおり、喪服を予め持ってったほうがよかったじゃない」
って、むっちゃんは言ったんだけど、いやあ、俺は残念ながら、この件に関しては東洋の発言が尤もだと思ったもの。
まだ生きてる人に会いに行くのに、喪服を持ってくのは、『どうせ死ぬ』って思ってるからでしょ。…邪推かしら。

ともあれ、とにかくうちの奥さんが、かなりナーバスになってるんです。当然だけど。
どう接していいか、ちょっとわからないけど、俺だからこそやれることはあるわけで。
一々相談に乗るは乗るんだけど、伝わってくるのは『不安だ』しかない。
う?ん…

俺だったらこういうとき、どうして欲しいんだろう…

って考えると、明確な答えはなかなか出てこないんだけど、たぶん『味方だよ』という姿勢だけは崩さないでおけば、いいのかしら。

わからん。

ううむ。

まあ、奥さんが動揺しているんだから、俺まで一緒になって動揺しないこと、だな。




……ぬぬぬう、マジわからん…。

それでも時間は進むし、来るべき時は来る。

さて、寝るか。



こうやって書き出してみると、明日に対しての不安ばかりで期待はないってことがわかった。
それでもいいのだ。
いつもいつもいいことばかりでは、ないのだ。
行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

それなりプレーしたかった(BlogPet)

きのうようすけと、天気もヒットしたいなぁ。
でも、ようすけの待ちうたっぽい話ー!
でも、楊楊は、それなりプレーしたかった。

*このエントリは、ブログペットの「楊楊」が書きました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ふうふ。

でかくんとヤンヤンとがっつんが練習後に遊びに来てくれた。
それはそれは、とても楽しかった。随分酔った。

帰ってきたあと、ブラックのおいしいコーヒーが呑みたくなった。
豆のある場所はわかったけど、計量カップと、一人分の量がわからなかった。

だけど電話は避けた。

インスタントを濃くして、紛らわせた。

そういうものかもしれない。

ただ声が聞きたかっただけなのかもしれない。寧ろ、そうであって欲しい。

やせ我慢なのかもしれない。

考えが難しくなる前に、寝る。

そういうものなの。すくなくとも、うちは。

さぁ、それでも明日は来るから、眠る。

がっつん、12は残しておくぞ。
ヤンヤン、いいから早く申告しろ。
さとう、早くしろ。

おやすみなさい。
みんな、好き。
行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

わずらいモノ

どうもご無沙汰しております、筆者@越冬準備中です。

昨年は年末にあれこれとよからぬ動きがあったため、年賀状を完全放置してしまったわけでして。
今年はきちんと書かねばならぬ。
場合によっては、来年、出せなくなるから。
だからこそ、越冬準備。今年はちゃんと、年を越したいの。



月曜の仕事中。
なんでもない荷物を床に置こうと屈んだら、腰に電撃が走りました。
『!!……』
目を見開いたまま姿勢を固めること10秒。
これはいかんと、上司に報告いたしまして。
もともと慢性の腰痛持ちの私ではありますが、この衝撃は今までに感じたことのない違和感だったのですよ。
しかも、重い荷物を持った拍子に…とか、突然誰かに蹴倒された…とか、そういったわかりやすいシチュエーションではないだけに、余計心配なわけです。
…で、その日の残りの仕事は、腰に対して微に入り細に入る気の遣いようでやり過しまして。
翌日休みだったのが幸い。
…で、翌日は日ごろの疲れもあり、とにかく休んだ。
泣きっ面に蜂とはまさに今日か!といいたくなるような出来事発生。
腰痛で動けない上、歯が疼き始めたのだ。
今年の6月に喰らった歯痛の続きと思われるもの。
ううむ、やっぱりあのときにきちんとしておくべきだった…
歯痛と腰痛で、我が脳みそは張り裂けそうなくらい迷走していた。
そのうちのどちらかを何とかしたいと言う思いで、まずは実家へ連絡をした。
薬剤師のむっちゃん(実母)に腰の具合をありていに述べたところ、「ああ、それは『椎間板ヘルニア』だわ」とあっさり。
医者行ったって言われることは一緒だし、すぐに治るものじゃないし、程度は軽いものだし、2週間安静にしてれば治るから。と。
ううむ、この時期に、我が職場で2週間休むってことはだな、そめのすけそめたろう師匠が正月番組に出ないって事と一緒だ。
無理。

…んまあ一応、職場へ報告はした。
『出来る範囲で仕事をする』」ってことで、基本合意。
だけども、やっぱり職場が職場だけに、ヘルニアになってしまった人の末路を知っている人は多く、だからこそか、私が外務へ出るときはたいてい、同行人が付いてくれて、つまり結構みんなに迷惑を掛けているのだ。
心苦しくてたまらん。
「ならばきちんと休ませてくれ」と、声を大にして言いたい気分。無理なんだけど。
とにかく、軽度のうちに治さないとタイヘンなことになる。
椎間板ヘルニアは、怖い病気なのだ。

てなわけで年内、草野球の活動は控えることといたしました。
だって、下手すりゃ一生、野球はおろか、スポーツ全般、最悪日常生活の様々な部分に支障を来たすことになっちゃうわけで。
いくら時給が上がろうと、こんなつまんないことで、いろんなことを棒に振るつもりはないのだ。仲間にはすまぬがここはわがままに振る回させていただくぞ。

ですので、明日(もう今日か…)の練習は、不参加。ごめん。

…でも練習帰りのデカ君たちがここへ遊びに来てくれるのは、ちょっと嬉しい。
軽く呑みに行きましょう。最近、いい泡喰らってないので。あくまで軽く。



奥さんが今日、急遽実家へ帰った。
冒頭の文章にもリンクを貼ったけど、つまり去年と同じように、同じ理由で、急遽、帰った。
日付も全く同じなのは驚いたけど、ただ一つ言えるのは、去年のソレとは状況が全然違うと言うことだ。
どんな様子なのかが自分の目で見れていないだけに、ドキドキしています。
ドキドキするのは好きだけど、こういうドキドキは、出来る限り避けたい。
でも残念ながら、最近はこういうドキドキしかなくなってしまった。

奇跡的に好転することを、祈るしかありません。
行動記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

きょうは楊楊と放置する(BlogPet)

きょうは楊楊と放置する?
それとも呼び出しする?

*このエントリは、ブログペットの「楊楊」が書きました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

出でよ、絶滅種!

本日2回目の日記です。
ま、正確に言うと、昨夜の分も日付としては今日のものなので、3回目。

さて、本題。



昨年11月29日分の日記を一部転載いたします。

↓↓↓

新しい草野球チームを作ろうと思っています。
いや、マジで。
i-Fightersとは全然関係ないチームを。

間違いなく誘うつもりである人物、フクちゃんにも昨日、なんでもない用事でメールした際に打診。

内容も知らないうちから「入ります」的な言葉を頂いたのだけど、だからこそ、そろそろその輪郭をここへ書くのだ。




草野球チーム、名称未定。

入団条件:そこそこ野球が好きで、『そのチーム』で練習する必要のない(それなりに経験があるor他に練習の場がある)人で、酒が好きで、人が好きで、旅が好きな人


活動回数:年に2?3回。


主な活動場所:日本各地。



どうすか、この素敵なアイデア。

男の持つ『馬鹿さ加減』を最大限…遺憾なく発揮。

各地に散らばる「ヨースケ's フレンド」(そうでなくてもいいんだけど)を集めて、「今回は誰々の地元で」「次回は誰々の地元で」「次はメンバー誰も行ったことのない四国でうどん(略)」

みたいな、そんな草野球チーム。

そう、『草野球をする』というのは、あくまで切っ掛けであり、あらゆるものの架け橋。

それを難しい言葉にすると、親睦。団欒。

…つうか、草野球を言い訳として、ありとあらゆる日本を、ちょっとだけ味わう旅を、善き仲間と共有するという、試み。

だからこそ、年に何回も出来ないわけで。

たとえ草野球が雨で中止になっても、現地には伺います。

「今回は生憎の雨で中止になっちゃったけど…」

って言いながら、美味しいビールを呑みつつ他愛もないことを笑いながら語らうわけです。

そんなチーム。

チームメイトは今のところアタクシと、認定四番打者のフクダさん。

誘う予定があるのは、子供の病気が安定してきた頃に、弟を誘ってやろうかと。
もちろん、断られることも含めて、ユルユルな感じで。

んで、福井県民の大和。

大和は野球ヘタですが、とっても人がいいし、というか、アイツと呑みたいのです。

アイツの地元、福井(蟹が旨い)で。

その昔、ナホトカ号とかいうタンカーが座礁した近くの三国で、蟹を。
チーム立ち上げ試合は、福井でやっちゃおうかと。
なぜって、主催者(この場合は『代表』とか『監督』とかではなくて『主催者』が正しい気が)が、行きたいから。

蟹食って、温泉入って、酒呑んで、夜とかトランプとかしちゃったりして、次の日には、参加したみんながより一層仲良くなってる。

そんな寄り合い、いいよねえ。はぁ。。。。









…あれ、野球は?

いや、もちろん野球やるよ。

勝った後のビールって、旨いんだぜ。




とまあ、こんなアイデアを去年末に提案していたのですが、覚えておりますかね?

んで、来年には必ず、このチームの実現を目指したいと思っております。
というのも、ひょっとしたら、私、引っ越すかもしれません。
まだ確定ではないんですけど、ちょろっと考え始めていて。
この話、お仕事関係の人にはいまのところナイショにしといておくれ。

さておき、そんなわけで、きちんとした『メンバーリスト』と言うものを作成することにしたのだ。

これまで、日記にこの記事を書いたことに端を発し、例えば野球観戦をした球場で、例えば試合後のファミレスで、例えば全然関係ないお酒の席で、なんとなく話していたわけですが、そういうのって場の空気とかあるから、「断るッ!」ともいえなかろう。

だからこそ今ここで、『入ります』という意思表示をしてもらう場を、作っておこうと思いまして。

まず、入団に際しての条件を記しておきます。

1.『烏合の衆』的イメージを避けるため、ユニフォームの購入は必須。
2?1.本名及び連絡先、ならびに緊急連絡先を申告すること。名簿はメンバー全員に配布します。(ウェブに載せる予定はなし)
2?2.それに際し、最初は知らない人同士であることは承知しておいてください。その逆、一生続けるチームを想定しておりますゆえ、メンバーが増えることもありますが、新メンバーにつっけんどんに当たらないこと。言いたいことはまっすぐに。要するに、みんな仲良く、正直に。
3.チームを抜けると言う概念はありません。どんなに遠くへ行こうと、都合で試合(活動)に参加できなかろうと、仲間。
4.全く知らない人は、ごめん、他所当たってくれ。いきなりここ見て『入りたい!』は、ナシ。

とまあ、こんなもん。

ユニフォーム、名前と連絡先、ギスギスはイヤ、一度誓えばずっとともだち。つまりそういうこと。

さあ、もう一度言うぞ。

『絶滅種リスト』に名を連ねたい友人、ここのコメント欄に意気込みを書いておくれ。
やりてぇ、っつうんなら、ことわらねぇ。俺のともだちである限り。

…あ、あと背番号も書いてね。
あいさつ | コメント:23 | トラックバック:0 |

待ちうた否定論者のケータイは、待ちうた。

一日ぶりのごぶさターン。ゲッツ。

一日と半分、体を休ませたので随分楽になりました。
んが、そうそう休んでばかりもいられない。
また明日から忙しいのだ。

だからこそ、やれることはやるのだ。

そんなわけで、髪の毛を切ってきた。
坊主は気持ちいいけど、この時期は寒いのよね。ぶるぶる。
ニット帽は必須アイテムです。

そんでもって、ブログを更新するのだ。
近頃忙しさにかまけてブログ更新はおろか、パソコンにすら繋がない日が続いているため、時間に余裕のあるときは書くのだ。

今日はこの記事以外にもう一回更新する予定。
この記事はともかく、そこはみんな、刮目して待たれよ!



『待ちうた』というサービスがケータイにあるのはおそらく皆さんご存知かと。
電話を誰かに掛けたとき、『プルルル…』ってな味気ない発信音を、受信者側の好きな音楽に設定することが出来るっていう、アレです。
ただ、件の『待ちうた』は音質がすこぶる悪くて、やかましい系の音楽を待ちうた設定すると、ヘタすりゃあ、パチンコ屋にでもいるんじゃないか!?って思われがちなほどノイジーなわけです。

ワタクシ、普段の仕事で、時として見ず知らずのお客様へ電話を掛けることがあるのですね。
それがケータイだったりすると、時々、待ちうたを設定しているお客さんに遭遇したり。
その待ちうたで、電話の持ち主の趣味がわかってしまうわけです。
音質は最悪なんだけど。

だから私、『待ちうた』は、不必要なサービスなんじゃないかという結論に至りまして。
電話を掛けてくる人の趣味嗜好を思いっきり無視して自分のそれをぶちまけ、しかも音質はきわめて低いわけでして。
つまり完全なマスターベーションで、しかもそれを他人に露呈するという、ある意味で暴挙ともとれるサービスなのかと。

先日、変り種の待ちうたに出会いまして。
電話を掛けると、

「お電話ありがとうございます、ワタクシ、執事の??と申すものです。お嬢様を只今お呼びしておりますが、お嬢様は大変お忙しい身、何卒ご辛抱くださいますよう…」

みたいな、丁寧なのかバカにしているのか、際際のところで電話を掛けた人を出迎えてくれたわけです。
この待ちうたは音楽と違って随分綺麗な音質だったため、はじめはうっかり、話しかけてしまったわけで。
んで、待ちうた執事のソレをきいているうち、ぶつ切りとなって、留守電。
仕事不成立。むむ。
バカにされっぱなしな感じ。
ま、いいんだけど。

それから数日後の昨日。

昨日のトピックにあるように、私、エルレガーデンの例の曲を発見して、小躍りして喜んだわけでして。
いつもなら『着うたフル』をダウンロードしちゃうんですが、残念ながらフルはなくって、だからその代わりに、待ちうたを、ついに。
でもあれって、やってみて始めてわかったんだけど、めんどくさいのよね。
まず、携帯電話会社(私の場合はau)と『待ちうた』のサービス契約をしなくちゃいけなくて。
そんでもって、自分の欲している待ちうたを提供してくれるサイトの運営会社と曲の使用を契約しなくちゃならないわけでして。
んで、二つとも契約して、やっとこ使えるのかって言ったら、いやいや、翌日の午後から配信、と。むむう。

これだ!って曲を見つけたとたん、とやかく理由をつけて、ずうっと否定側にいたのを簡単に翻し、めんどくさい手続きを済ませて、その日が来るのを座して待つ。単純な俺様。

んで、今日のお昼。
さっそく、自宅の電話から自分に電話してみた。どきどき。

「お呼び出し中です」

って素っ気ないお姉さんの声の後に聞こえてきたのは・・・


ピタゴラスイッチのテーマ。。。


そうなの、ケータイをサイレントモードにしておくのを忘れてて、すぐそこにおいてあったケータイの着信音がデカくて、んもう、宅電から流れてくる音が着信音にかき消されてサッパリわからないじゃないのよ…

改めてケータイの音を切って、電話してみた。

めっさ音質悪い……。

けど、いいや。

てなわけで皆様、なにかで私に電話すると、ひどくノイジーな音が流れますが、あまり気にしないでくださいませ。

待ちうた否定論者のケータイは、待ちうた。…の続きを読む
| コメント:0 | トラックバック:0 |

音のアンテナ ?Mr.feather / ELLEGARDEN?

みなさまこにゃにゃちわわ、ようすけ@療養リハビリ中です。

風邪ひきコンコンな今日は一日、引きこもっておりました。
やっていたことといえばせいぜい、『新しいジーンズ欲しいなぁ』って、ジーンズショップのサイトをちょくちょく見たり(ブーツ買ったせいで購買意欲が出たのだ)、カマダのダシ醤油のページ見て、新たにお取り寄せしようかなぁとかたくらんだり、いやいやちょっと待てよ、お取り寄せするんじゃなくて、貯まったマイルで四国行って、直接買っちゃおうか…とか、逆の発想を正論と勘違いし、間違えに気付いたまま四国の観光スポットを当たってみたり。

久しぶりにネットサーフィンに明け暮れてました。コタツにもぐりながら。

ニコニコ動画でファイターズ関連の動画を見たりもしてたんですけど、そんななか、ふと気になった事象を思い出したのです。



最近、『ELLEGARDEN』というバンドに首っ丈です。
お金もないのに、なけなしのお金をはたいて買った彼らの最新アルバム、『ELEVEN FIRE CRACKERS』を毎日聴いています。
なんせ総トラックは11曲、計33分強しかないんで、一時間近く歩いて職場へ通っている私は、場合によっては片道で2周聴いたりします。
そんなにELLEGARDENに没頭してしまっている切っ掛けは『YouTube』でした。
いつだったか、実家に帰っていたとき、やることがなくてヒラノ薬局のパソコンでYouTubeを閲覧してたのですよ。
『ストレイテナー』から引っ掛かるキーワードを逆引きしていくように流して見ていた中に、一曲だけ『おおっっ!!』と思うような曲に出会ってしまったのです。
その時は残念ながら曲名はわからなかったんです。たぶん、著作権保護等の関係上、バンド名や曲名を堂々と出せないはずなので。
でもバンド名はわかったので(登録タグにあったのだ)、メモっておいたんです。

普段から音楽に対してだけは、テレビ見ててもラジオ聴いてても、あるいは飲み屋で流れてるゆうせんでも、気になるような音を耳が拾うと『おっっ!?』て、体にストップモーションが掛かって、その音楽の情報を聞き出そうとしてしまう癖が、私にはあるのです。

自分が高校生だったとき、ラジオを聴いてて『おっっ!?』って思ったのにメモらなかったせいで、そのアーティストも曲名もわからないまま、永遠に出会うことがなくなってしまったことがありまして。
そのことを当時、酷く悔やみました。
ラジオから一回だけ流れてきただけで気に入ったその曲の一節は、おぼろげながらに覚えていて(もちろん当時の話)、それを友達になんとなくで口ずさんでみて「こんな曲なんだけど、聞き覚えない?」なんて言っても、誰も知るはずもなく。

だからこそ、耳が自然に『イイ!』と思った音楽はメモるクセがついてしまったのです。
曲名はわからなかったけど、『ELLEGARDEN』というバンド名だけは刻んだので、あとでじっくり探せばいいや…なんて思って、実家からこっちへ戻ってきたわけです。



んで、ある忙しくなかった日。
そのことをふと思い出して、YouTubeで検索を掛けてみたんですね。
だけど、ヒラノ薬局で聞いたあの曲はもうなくなっていて。
タグに登録されてる映像のほとんどを見たけど、なくて。
たぶん、削除されたんです。
そのとき、高校時代の『逃してしまった感覚』を急に思い出して。
慌ててくまなく探し始めました。
実家でその曲に当たったのは確か、ストレイテナーから逆引きしていったから、ストレイテナー関連の登録タグも全部見ていったんですけど、全滅。

TSUTAYAでELLEGARDENのCDを試聴。全部試聴。かたっぱしから。
だけどそもそも、ELLEGARDENはおそらくインディーズレーベルなので、レンタル屋にはあんまり置いてないのですよ。
ともかく、聴けるCDは全部聴いたんだけど、自分の記憶にある『おおっっ!?』の、あのときの感覚を捕まえるような曲に出会うことは出来ず。

そんでもって、ケータイいじって『着うたフル』でもELLEGARDENで試聴できるやつをひっぱりだして、その全てを試聴して。
でもやっぱり、あのときのアンテナに引っ掛かった曲の節は出てこないまま。

だけどもCDを試聴したり着うたフルを試聴したりして、ELLEGARDENがメッチャカッコイイバンドであると言う評価は間違いのないところでありまして。
だからきっと、最新アルバムに『例の曲』は入ってるんではなかろうかと推測。
新しいアルバムから遡る3枚のCDは、TSUTAYAにおいてなかったので、きっとその中のどれかに入っているはずで、さらにYouTubeで発見して間もなく消えたってことはきっと、新しいはずだ、と。
それで最新作の『ELEVEN FIRE CRACKERS』を買ってみたんだけど、例の曲には出会えずじまい。あぁ?あ。
ネットって便利なんだけど、確かに著作権の保護云々でその線引きが曖昧だから、情報がいつまでもウェブ上に乗っかってるわけじゃあないのよね。抜かった。

…って、高校以来の『やっちゃった』感を感じていたんです。
んまあでも、あのときに比べれば、ELLEGARDENには出会えてるんだし、CDを買い続けてればそのうち出会えるさ…って、自分を納得させて、そんでもって毎日彼らのCDを聴いては『カッコエエ…』って痺れてるうちに、『例の曲』のことをいつのまにか忘れてたのです。



ネットサーフィンDAYな今日。
ニコニコ動画であらゆるネタ動画を見ては喜んでたんだけど、飽きちゃって。
そのとき『…あ、ELLEGARDENで検索掛けてみよう』って、ふと思ったんです。
ニコ動とようつべは、なんとなく使い分けてて、

ニコ動=ネタ動画(お笑い)
ようつべ=音楽

だったのですよ。

いやもちろん、探していた当時はニコ動でも検索してるんですけど引っ掛かってこなかったのです。
んで今日、改めてELLEGARDENで検索掛けてみたら、一発目にあったんですよ、『例の曲』が!
そりゃもう、その瞬間にうっかり小躍りして、コタツをヒザで蹴り上げちゃうほど(かなり痛かった)喜んで。
曲名もしっかり刻みました。

”Mr.feather”

『軽い野郎』…みたいな意味なんでしょうかね?
ともかく、実家で観て『おっっ!?』ってなったやつと完璧に同じ映像なわけで、それもそのはず、ご丁寧に『ようつべからの転載です』って。

…んでもきっと、それはようつべのとおなじく近々に削除されちゃう運命にある動画なのでしょう。
だから代わりに、映像は曲そのものとなんの関係もないもの(静止画像:たぶんどこかのマクドナルド)を背景に曲が流れているものをYouTubeで拾いました。

※注 曲が終わっても映像は続きますが、シークレットトラックが出てくるとか、最後の最後にビックリ幽霊映像が出てくるとか、ドット画で描かれたビートたけし氏から「こんなゲームにマジになってどうするの?」の隠しコメント等はございません。タダの空白です。



…とまあ、こんな曲なのです。
カッコイイ…と俺は思うのですが、あくまで音楽と言うのは人のセンスに由るものなので、んまあ、ここを読んでる方々は、音楽に対する私のセンスを充分知ってらっしゃる方々でしょうから、ニガテな方はスルーしちゃってくださいな。

日本人なのに、ネイティヴよりも英語うまいのよね。驚き。

この曲、いわゆる『B面』ってやつでして。
シングルカットされた曲のカップリングに入っておることが、曲名を知ったことでわかりました。
そりゃ、このままCD買い続けたっていつまで経っても出会わないはずだわな。。。
でも俺、エルレはコンプリしたい。久々にこいつらはイイ。
音のアンテナ ?Mr.feather / ELLEGARDEN?…の続きを読む
| コメント:0 | トラックバック:0 |

have a high fever.

星野ジャパンが台湾ナショナルチームを10?2の大差で下し、たったの一枚しかなかった北京五輪行きの切符を見事手中に収めました!

フィリピン戦ではそんなに感情を爆発させなかった星野監督は一転、韓国戦から劇的に表情を変えていました。
それもそのはず、相手は強いのがわかっていて、一つのミスが命取り、繋ぐ野球を打ち出しているのも、一点勝負になることを考慮していてのことで、つまり、一つ一つのプレーが大事であることはわかっているわけで。
そんな中、韓国戦では先制されてから追いつき、点差の少ない中、ピンチが連続する状況を何度もかいくぐれば、そりゃあ冷静ではいられなくなりますよ。
4年前のアテネ五輪予選のDVDは持ってますが、ベンチの空気は異常なものでした。
『勝って当たり前』という周囲の絶大な評価の中、強烈なプレッシャーにさらされたままでのプレー、一本のヒットで恐ろしいほどベンチが沸き返るわけです。
そんな空気がきっと、星野JAPANのベンチにも出来上がってしまったのでしょう。
気がつけば星野監督は、ベンチの熱に絆され、誰よりもアツく感情を丸出しにして、一つ一つのプレーに大きくリアクションを起こしていました。

そして激闘となった韓国戦を終えたあとの星野監督のインタビューは、強烈な印象を喰らいました。
WBCでの王監督が、試合の熱にやられて狂ってしまったあのインタビューが被ってしまうほど、星野監督の全身から『俺たちは勝ったんだ!』という、はねのけたプレッシャーがいかに重いものだったのかを自然と教えるような一問一答。
顔は真っ赤。
そりゃもう、見てるこっちの熱を代弁してくれているかのような、地に足の着いてないコメントだったわけで。
あの星野さんがそんな姿になってしまう、それほどの重力が台中の球場にはあったのだ、と。

天下分け目の決戦を越え、いよいよ台湾に勝てば北京決定という、この試合。
もどかしい試合展開が続く中、調子が上がらない中、悪いなりに台湾を抑えていたエース・ダルビッシュが、台湾野球界の英雄、陳金峰に喰らった逆転2ラン。
これが星野JAPANに火をつけたのか、次の回に一挙6得点。
そのいちいちに、オーバーなくらいの派手なアクションで、星野監督は誰よりも大きな声を出して選手を鼓舞していたわけです。

熱い試合は更に加熱し、新井の2ランでその熱を保ったまま、星野JAPANの守護神・上原が最終回を締めくくり。

精も魂も尽き果てた様子の星野監督が、台湾の空に3度、舞った。

グッとこないわけがない。…こらえたけど。

…だけど、だけどやっぱり、そのあと宮本が宙を舞ったとき、目頭が熱くなったんです。

嗚呼、良かったねぇ、宮本!

俺、アンタが好きかもしれない。



ずっと体調が悪かったんですけど、今日、本格化。

体調のほうでも、I have a fever...です。。。むむう。

でも明日明後日が無意味に連休なので、体を休めて風邪を治します。。。とほほ。。。
have a high fever.…の続きを読む
野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |

星野JAPAN(宮本JAPANともいう)、韓国ナショナルチームに勝利!

試合終了後に行なわれた星野監督のインタビューに、全てが詰まっていた。


あの興奮は、あそこでしかないのだ。


明日はダルビッシュで決めるぞ!





明日、夜勤…orz
野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |

一緒(BlogPet)

きのう楊楊が、予想するつもりだった。
だけど、トヨタみたいな発音するはずだった。
だけど、一緒しなかったよ。
でも、ようすけのエントリとか表記したの?
でも、ストローとか関係するはずだったみたい。
でも、そんは完成したいです。
でも、ようすけは限定しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「楊楊」が書きました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。